ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

Android機きたよ - SH-09D AQUOS PHONE ZETA その1 -

 SH-09Dという型番よりもZETAと言ったほうが通じるdocomoの夏モデル。いつものハイスペック機同様の全部盛りかつSHARP初のLTE対応機種で、まさにスペック上は完璧な機種として登場した。
 ところで今のメイン端末はWiMAXテザリングを縦横無尽に振り回し、GalaxyNoteやEeePadTransfromerTF101を従える全部入り端末の代表格ArrowsZ。当たれば神機、外れれば論外と言われ、そして外れ比率が若干高めゆえにクソミソな扱いを受けている不遇の機種であるが、いちおう手持ちのArrowsZはいい子にしており、神機の片鱗を見せていた。バッテリの消耗以外は。
 が、ここのところついに暴れだし、充電が満足にされない事態が多発。GPSの貧弱さは言うに及ばず、ワンセグもまともに映った画面を見たのは一度きりというのもあってauショップに持ち込んだものの、何も改善せず。正直これは困った困ったというところで夏モデルの時期。セオリーどおりならArrowsZの不甲斐なさにゴネて新機種へ差額で機種変更してもらうところだが(←困った客)、そろそろdocomoのXi用SIMが無いとこの先海外機の輸入などでも困りそうなので、手持ちのソフトバンク回線をdocomoへMNPした。えぇプリモバイルです。

 docomoの夏機種といえばGalaxyS3にXperia2機種とガジェットマニアも一般層も大満足の品揃えだが、地味なZETAに大注目していた。全部入りはいいとして、バッテリ容量が大きいのと置くだけ充電対応なのが白眉。ArrowsZで痛感したのがFelicaと防水の便利さで、Felicaは対応機種が多数なのでいいとして、GS3もXperiaも防水でないのが選択肢落ちの理由となった。またSHARP機は前年冬モデルのソフトバンク向け104SHでかなりレスポンスが良く、この夏のSHARP機に期待していたというのも大きい。実際スマホラウンジで触ったときもなかなかの動きをしていた。

 まぁ斯様な前置きはともかく実機。と、付属の置くだけ充電パッド。
zeta03.jpg

 ZETAは暗色のケース付けてるので、周囲が細く見える。なお、撮影はArrowsZで行った。赤カビが出ているが、光量が足りないのでしょうがない(暗所に強いレンズとかいう評価もあくまでスマホレベルの話)


 大きさを比較するため、ArrowsZと並べた。ArrowsZが4.3インチ機としてはかなりスリムな方なのでZETAが非常に大きく見える。4.7インチ液晶の威力!撮影はGalaxyNote。無名のレンズだが対象が暗いので全体的に明るく撮れている。
zeta01.jpg
zeta05.jpg


 ZETAの4.7インチが誇大広告であることを示す画像。上端の表示域を合わせると両機とも表示域は4.3インチ。ZETAは下部にソフトウェアボタンが表示されるため、その分表示域が小さくなっている。もっとも、動画や画像を見る際は最大化4.7インチで観られるのであながち誇大でもないが。撮影はGalaxyNote。対象が明るくなったため、相対的に全体が暗くなって赤カビが出ている。
zeta02.jpg
 なお、ArrowzZのハードボタンの位置を考えるとZETAのソフトウェアボタンの位置はむしろ操作しやすい。


 GalaxyNoteと比較。まぁNoteと比べたらなんでも小型機に見えますな。表示域上端を並べてみたけどこれだけ差がある。撮影はArrowsZ。こいつ赤カビは出てないけど画像がボケやすいのが納得行かない(下手なだけ)
zeta09.jpg


 参考までに同じ構図でGalaxyNoteとArrowsZを並べたところをZETAで撮影。ここで注目はカメラの画質。赤い。AF測光用のLEDの赤点滅がレンズに映りこむんじゃないかと言われている。まぁ光量の足りないところでの撮影は苦手ってことですな。
zeta05.jpg


 気になる方のために、光量の足りないところでのっぺりした箇所(壁)を撮ってみた。
zeta07.jpg
 もう真っ赤。完璧に赤カビ。これはどうなんだと思ったので今度はメリハリのある風景を撮ってみた。

 強い照り返しがあることからも分かるように、光量は充分。縮小しているのでノイジーだが、赤カビ現象はない。
 zeta08.jpg

 つまりカメラは光量が足りないと赤カビが出やすいということのようだ。ソフトウェアで改善できるところだと思うので修正パッチを待つか、余りにも他の報告と乖離があるようなら機体交換というところも考えてみようかとは思うが、これで困るかっていうと多分困らない。
 ちなみにカメラは起動もフォーカスも早く、スマホカメラに求める「サッと取り出して素早くパシャする」 要件を完璧に満たしているため、個人的には評価している。画質とか求めるならスマホカメラはやめとけというところ。

 使い心地などはまた次回。
 だが、微モサという評価が多いようなのでそこだけ。
 docomoサービス系アプリ(iコンシェルやiチャネル)が稼動しているとバッテリを食うし動作にも影響がある。これらを殺すか停止すると目に見えてどちらも改善。またデフォルトのパレットUIあるいは3ラインホームを使わず、定番のホームアプリ(Go Launcher EXとかAPEX Launcherとか)を使うと動作のキビキビ感が断然上がる。というか別モノになる。SHARP者が104SHで味わった感動を再現できるのでお勧め。


 というわけで充電。置くだけ充電便利です。ウィンゥイン鳴る充電パッドに最初はびびる。
zeta04.jpg

« Android機きたよ - SH-09D AQUOS PHONE ZETA その2 -|Top|Microsoft、自社開発のWindowsタブレット端末「Surface」を発表 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/986-d74e63b1

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: