ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏モデル何を買いましょうか

 結論から先に言うと、機種変更0円が出たら買う、くらい。

 まず、この夏モデルはどういう立ち位置かというと、Android4.0であるICSが乗った端末第一世代にあたる。docomoとソフトバンクはすでにICS搭載端末を出しているが、それぞれメインで売る端末ではなく、ドカドカICSが乗り始めるのが今夏から。auからは夏モデル第一弾であるHTC Jがすでに発売開始された(そしていきなりMNP0円とかもうね)
 また40~45nmプロセスルールで製作されていたCPUがシュリンクされ、サムソンのExynos4第2世代(32nmHKMG) やSnapdragon S4 Krait(28nm) などより省電力化と処理速度向上が図られたSoCの第一世代でもある(ついでにARMのアーキテクチャでいえばCortexA9のクアッドコアかCortexA15のデュアルコアの世代がスタート)
 まぁこうしたOSやハードの進化は今に始まったことではなく、いつだって「次はもっとすごい」 なわけだが(秋冬前にAndroid5.0が姿を見せ、SoCはCortexA15のクアッドが出てくると思われる)、2012秋冬モデル最大の売りは「LTEマルチバンド対応」 になると思われ、これが今端末を買うかどうか悩む原因。

 auが夏モデル発表会で発表した「LTEは前倒しで開始。800MHz、1.5GHz、さらに2GHzで展開し、実人口の96%をカバーする」 は反響が大きく、この時点で言った以上、秋冬端末がLTEに対応してくるのは当然で、現行のWiMAXに加えてLTEが一気に三周波数帯対応と、高速通信を謳うにはもってこいの状況となる。LTEはまだ技術がこなれていないため、WiMAXよりバッテリもちが悪いことが実証されているが、だったらWiMAXを使ってくださいといえる選択肢の豊富さがauの秋冬端末の強み。これは魅力的。
 また以前よりXiのブランドネームでLTEを展開していたdocomoも秋冬には現行の2GHz帯に加えて1.5GHz帯でXiが使えるようになり、こちらもマルチバンド対応のLTE端末が出てくると想定される。対応周波数が増えてカバーエリアも広がるとなれば、Xi展開も一気に進むと考えられ、高速通信端末の恩恵に預かれる人も増える。秋冬は間違いなくXi推しで来るだろう(というかdocomoは3GをLTEに置き換えていく予定)
 一方他のキャリアだが、カバーエリアや実速度で意外な検討を見せているEmobileのLTEは、今後エリアを充実させつつ700MHz帯を取りにいき、これもLTEとして使う予定(これは取れるかどうか分からないし、取れてもすぐには無理)。ソフトバンクは現行のAXGP(TD-LTE) に加えてdocomoやau、Emobileと同じ方式のFDD-LTEを秋に開始予定(2GHz帯のみの上にエリアは…) と、これらも秋冬はより高速通信に向いた環境となっている。

 そんなわけで秋冬のLTE展開を睨むと、今買って秋冬も困らないのはauのWiMAX端末くらいかなぁと思う次第であり、HTC Jの早い段階での機種変更投売りか、SHARPのAQUOS Phone SERIE(ISW16SH) が廉価で手に入れば御の字くらい。富士通はdocomoのArrowsを作ったチームみたいなので特に心配はしておらず、Xi版のXよりもWiMAX版のZの方がバッテリももつだろうが、デザインがものすごい残念感だったのでこれはまったく視野になし。

 そういえばハードではFelicaとNFCが排他と言われており、実際に国内向けGalaxy S3はNFCを外してFelicaを搭載したりしているが、SHARPのISW16SHはFelica、NFC両方搭載してオサイフもAndroidビームも使える機種となっている。秋冬端末はこれが普通になっているかもしれない。やはり秋冬待ちか。

« ソフトバンクモバイル・ウィルコム新商品発表会「2012 Summer」 があったとさ |Top|しずくが打ち上がった »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/978-8591a628

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。