ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android機きたよ - Galaxy Note GT-N7000 その4 -

 Galaxy Noteを海外通販して普通に使うまでにやったことまとめ。
 まぁこの程度のことは誰でもやってるんだけど、素人さん向けってことで。Galaxy Noteで始めて海外通販に手を出す人も多いようなので。

・モバイルネットワークの設定
 wifiでも3Gでもいいからとりあえず繋げるようにする。これをやらないと始まらない。
 Settings → Wireless and network → Wi-Fi settings → Wi-Fi
 または
 Settings → Wireless and network → Mobile networks → Access Point Names

 DocomoやsoftbankのSIMを突っ込んだ場合、APNにはすでに幾つかデフォルトの設定があると思うので、自分のプラン
に合うように設定。
 正直、この辺がわからない人は個人輸入とか海外通販とか以前にまずおべんきょう。最悪、DocomoのSIMとNoteを持ってドコモショップへ駆け込むという手もなくはないが、日本の技適を通ってない端末だと門前払いの可能性もあることは忘れずに。


・システムアップデート
 2.3.5 → 2.3.6 へのアップデートがすでに配信されている。別にいつやってもいい。


・日本語化
 別に日本語化など不要という人はそれでもいいが、必要な人はマーケットからMoreLocale2をインストール。
 Android2.3ではデフォルトの言語設定に日本語が含まれていないので、これをインストールすることである程度限定的に日本語化することができる。ただし設定画面などはデフォルトに選択した言語のまま。完全日本語化するにはrootを取って日本で販売されている端末でNoteに近い機種(Galaxyシリーズ) のイメージを焼きこむとかそういうめんどうくさい作業が必要になる。


・日本語化+α
 MoreLocale2を入れただけだといわゆる中華フォント状態なので、Fontomizer(Font for Galaxy SP)でモトヤフォントなどを入れると多少見やすくなる。中華フォントでも困らない人は不要。またモトヤフォントにしたところで多少の中華漢字表示は残る。気になる人はrootを取って自分で用意した日本語フォントをシステムに放り込むのが吉(文鎮化の可能性あり)


・日本語IME
 なんでも好きなものを入れればいい。自分はATOKを入れたが、今ならGoogle日本語入力β版もある。


・プラスエリア設定
 電話アプリから「*#*#4636#*#*」 → Phone information → (メニューボタン) → Select radio band → JAPAN Band
 これでいわゆる800MHz帯を掴むようになるが、都市部などではdocomoの2.1GHz帯のカバー範囲も広いため、敢えてこれを設定する必要はないと思われる。山間部の住人などは必須かも。softbankには800MHz帯がないため、これを気にする必要は無い。


 とりあえず電波絡みと日本語化だけやっとけば、あとはなんぼでも弄れるんじゃなかろうかと思うわけだが、どんなもんだろう。
 rootを取りたい人はpokegeさんのエントリを参照
 自分はまだrootを取っていない。面倒で。Titaniumでバックアップしなきゃなーとは思っているが。
 あとホームアプリを入れる人向けに少々。
 デフォルトのTouchWizはやたらめったらウィジェット等が貼られまくっているが、それでも普通に軽快に動作するというサムソンチューニングの威力を見せ付けるためのホーム。ドックのアプリが変更しづらいのと壁紙の見え方が独特なのが玉に瑕。
 ADW Launcherは画面に置けるアイテム数を変更できるので画面の大きなNoteのカスタムには最適だが、動作がTouchWizなどよりも重い。Go Launcher EXは軽快さとカスタム性でこれらの中間。
 とりあえずはこんなところ。

« Android機きたよ - Galaxy Note GT-N7000 その5 -|Top|まだまだ続いてます »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/936-318b4cae

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。