ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

HTC EVOを軽く触ってきた

 正確には「htc EVO WiMAX ISW11HT」 だが、誰がこんなクソ長い名称を使うのか。EVOで通じるだろうからEVOで通させていただく。
 EVOは元々HTCが開発した「htc EVO 4G」 という2010年春端末がベースになっており、当時は大画面・ハイスペック・何よりWiMAX対応の「4G(正確には3G+WiMAXなので4Gではないが、アメリカでは3Gプラスアルファはだいたい4Gと名乗っちゃう)」 通信が魅力の端末で、Googleのイベントで来場者全員に無料で配られたことでも有名。
 その評判はといえば、タッチパネルの精度がイマイチだしバッテリはすぐ尽きるし… ということであまり高く評価しない声も多かったが、それでも300万台を売り上げたと言われている(日本国内でこれほど売れた端末は恐らくiPhone4のみ)
 そのEVOがこの春、ほぼ一年遅れでauから出た。なんだ一年前のハイスペックかよ、もう時代遅れじゃないか、という向きもあるが、それでも世界で売れに売れたグローバル端末が日本に入ってくるというケースはそうそうない(XperiaにiPhoneにGalaxyシリーズ… くらい? ソフバンが何機種か飼い殺しにしているが… あああDesireシリーズもったいねぇ) そして一年前とはいえ、そのスペックはやっぱり今でも十分通用するもので、しかもandroid 2.2にスペックアップしての投入だ(グローバル版も2.2になってはいるが、アップデートしたのは割りと最近) ということで、ワクワクして触ってみた。
 で、触った感想。

 ウボァー

 いや悪い意味の呻きではない。むしろ感心して思わず口が開いて声が漏れたくらいの勢い。
 HTCといえばandroid機の雄だが、その独自UIの軽さもさることながら、auと話がまとまって3ヶ月で日本対応の作り込みをしたという技術力を活かしたチューンナップ。同じHTCのDesire HDほどのスルスル感は無いが、多少の路面の粗さを気にせず驀進する重機レベルのパワフルさを感じるくらい、ゴリッゴリッと動く。遅滞するとかカクつくとかそういうモノではなく、単にこいつは障害物を撥ね散らかしながら動作しているだけなのだ。いやただの印象だけど。

 感覚ではなく、実際どうなのかという話をすると、まぁ普通に滑らかに高速に動く。GalaxySほどのヌルヌル感はないが、ビュンビュンと軽快に動くので動作上のストレスは皆無。android2.2のパワーを十分発揮できている。そして4.3インチという大画面は大きな魅力。図体もでかいが画面もでかい。キックスタンド付きで動画ビューアとして最適という評価は間違ってはいない。動画のような重たい処理を高速にこなすための強力な武器がWiMAX通信だが、試して見たところ、auの3Gでも十分に綺麗に動画視聴ができた。まぁauショップだしな。

 で、WiMAX通信はどうなのかというと、まぁ当然のことながら快適でござる。大変快適でござる。大切なことなので二度言いました。
 ブラウザのリンクを踏んだら即座にサイトの描画が始まる印象。3Gだとリンクを踏む→サイト情報を読み込む→内部処理して表示、という手順を実感できるが、この「読み込む」 部分が爆速なのと、その辺の処理が早いのとでWiMAXエリアでのネットサーフは非常に快適そう。まぁWiMAXは元々3Gより応答速度が早いわけだが。
 で、このWiMAX通信がテザリングできるというのがau版EVOの大きな魅力なので、早速ギャラタブから繋いでみた。
 普段docomoの3Gルータから使用しているギャラタブだが、EVOの応答速度は次元が違う。こいつはすごい。まぁWiMAXエリアから出てしまうとauの3G通信になるので速度は落ちるはずで、その切り替えはどうなのか、とかいろいろあるだろうけど(ネットでの声を拾ってみると、切り替えもスムーズらしい。やるー)

 EVOの悪評のひとつであったタッチの精度だが、こちらは改善されているというか、こんなもん機械に自分の体を合わせるのが当たり前だと思っているので評価できず。まぁXperia(SO-01B) の1.6時代でも別に困ってなかったくらいだしな。
 で、バッテリのほうだが、さすがに電源から引っこ抜いて触っていいすか! とは言えず、こちらも評価できず。ざんねん。ただ、純粋にWiMAXルータとして使用してみたら4時間ちょいだった、というレビューもあり、だったらdocomoの3Gルータ(HW-01C) と同程度以上にもつわけだから、優秀じゃん。もちろんWiMAXルータだけに使うのはもったいないので、他にアレコレしてしまってもっと短時間で力尽きるだろうから、予備バッテリの携行と充電環境は整えたいところではあるが。

 結論としては、一年前の機種だけあって「枯れたハードで綺麗にまとめた良端末」 という印象。つまり安心して使うことができる。
 SIMカードを使わないので既存の回線の使いまわしはどうなるのとか、故障修理中はどうすればいいのとか、旧800MHz帯が使えないのなら通信エリアはどうなのとか、いろいろと気になる点はあるものの、auスマホ者は主力にしていいガジェットだと思う。少なくとも、現時点で「普段使いの範囲でEVOが圧倒的に劣る」 という端末はどのキャリアにも存在しない。

« 青森へ旅行に行ってきた|Top|だいち終了のお知らせ… »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/887-c878bb69

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: