ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バキ的登場モノローグ考えてたらえらい時間になった挙句頓挫 ⇒ IS02

 6月24日、ついに話題のスマートフォンが発売された。
 もちろんauが満を持して投入した「最後のWindowsMobile」 IS02だ。
 なんで最後かっていうと、WindowsMobileの次期バージョンは今までのWindowsMobile(以下WM) と互換性を持たないことが明らかにされているからだ。

 今はXPERIA使いであり、すっかりandroidのヌルま湯(androidが最先端なのは一部のGEEK層と最新機能くらいで、OS1.6などはマッタリと楽しめる) に浸っているが、かつてはWillcom03使いだった自分にとって、WM機はどうしても気になる存在。
 T-01Aなど世間の無理解に苛まれてダメ機の烙印を捺されてしまったが、T-01A使いに言わせれば「お前らはいったい何を言っているんだ」 というところだろう。
 iPhoneは確かに「何も分からないけど、分からないなりに触ってみたらなんとなく動かせた。そしたらヌルヌル動いてなんか面白い」 というレベルの層を獲得したエポックメイキングな端末だが、極端なことを言えばiPhoneにできることは「アプリをインストールして使う」 だけで、WM使いから見ると「え、それスマホって言うのか?」 となるのは当然といえる。
 もちろんiPhoneにはiPhoneなりの言い分があって「GEEK層しか使えない端末なんざ売れないんだよ」「審査されたアプリをインストールする以外のことがほとんどできない代わりに、その環境においては最高の使い心地を保障する」 というジョブズ信念に基づいたマーケティングは成功を収めている(ように見える。世界の端末キャリアの大半を敵に回しつつあるが)
 そんな世間のメジャーには真っ向から背を向け、消え行くWM最後の華として登場したIS02に注目せずにおれるだろうか。いや、ない。

 … まぁiPhone4をまだ弄れていないのと、あんだけ騒がれて公開されたハードスペックがフツーのandroid機程度だったガッカリ感がここまで強くなければ普通にiPhone4について書いたと思うが。でも今更フォルダとかマルチタスク(インチキ) とか言われてもな… ゲームセンターだって、そのうちさらに巨大なバックボーン持ったWP7が登場するし… うーむ。iPhone大丈夫か。対象となる層(潜在的ユーザ) が尽きることはないから大丈夫なのかな。

 ともあれ、IS02を購入した幸せ者たちの声を早速聞いてみる。 「うわーん誤タッチ多いよ」

 … だよね。なぜかWMなのに静電容量式タッチパネルだものね。
 T-01AやWillcom機が採用してきたのは抵抗膜感圧式で、これはきちんとパネルを押す必要があるものの、細かい点を押すのに向く。そのため、スタイラスを用いて小さい画面でも的確な操作を行うことができた。要するに大画面を搭載する必要がなかった。
 が、iPhoneが人気を博した理由のひとつとして上げられるヌルヌルフリック操作。その操作感を産み出した静電容量式のタッチパネルは、軽く触れるだけで信号を発信でき、指の動きに追従するジェスチャ操作が可能だが、変わりに小さな点を狙って押しづらい。ネットブラウズしていて、何行も並んでいるリンクなどに出くわすと、まず拡大して、それから狙ったリンクを慎重に押すことになるはずだ。抵抗膜ならば多少画面をつついても大丈夫な上にスタイラスで突っつけばいいので、問題は少ない。
 要するに、小さな文字で大量の情報が並べられているPCブラウザ用サイトやら、打鍵量が多くなる作業的なニーズが求められるWMには抵抗膜方式の方が向いている(ことが多い)
 余談だが、iPhoneに慣れた人たちがT-01AをiPhoneと同様に操作しようとして「まともに操作できねぇカス端末」 と散々ディスったが、当たり前である。静電容量式はフリックができて、抵抗膜方式はその辺の細いものでスタイラス操作ができる。それだけのことなんだが。

 で、IS02は静電容量式なので、なんでなんじゃいと。そりゃ今までWM使ってた人たちからしたら面食らうわな。
 自分も03からXPERIAに乗り換えたときは日本語入力で絶望したもんだ。すぐ慣れたけど。

 ところで、今さらWM機を購入するような層には改めて確認するまでもないが、WMはマーケット(というかアプリを集めたサイト。アプリというのも抵抗があるな。WMなんだからソフトというべき) に大してモノがない。
 このため、あんまり遊べないよママン! といって投げ出す人がたまにいるが、WM機はどちらかといえばパソコンとして考えたほうがいい。ちょいと検索をかければWM用の遊びソフトなんざゴロゴロ転がっている。サードパーティ製ソフト入れても大丈夫なん? などとiPhone者にありがちな心配をしなくてもいい。パソコンでは、フリーソフトを検索してインストールするなんて当たり前にやっていることだ。WMも同じ。ちなみに無料でガンガン動くえみゅごにょごにょもあるよ!
 性能的にはFF9くらいはフツーに遊べるんじゃね。電池もたなそうだけど…

 なんで東芝は大画面に対して容量のでかくないバッテリつけるんだらうといつも不思議に思ふ。

« Android機きたよ - IS01 第一報 - |Top|ちょっと不調気味 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/774-cbd47fb2

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。