ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

新スマートフォンどもの実機を弄ってきた

 物欲リミッターが作動しないので、会社帰りに有楽町のビックカメラへ行ってXPERIAHTC DesireiPhone3GSの実機を弄ってきた。
 一応HYBRID ZERO3も興味はあるので(3G通信+PHSなのでPHSで無料メール打ちつつ3G通信可能だわSIMロックフリーなのでソフバンやDoCoMoのSIM挿して使えるわUSBモデムになるわともっと評価されるべき機種)あわせて弄りたかったのだが、店頭に実機がなかった。早くも生産終了という噂は本当なのか…

 auのIS01IS02はまだ実機どころかモックすら見られなかったので、早く弄りたいもので(KDDI DESIGNING STUDIOまで行けばIS01は見られるらしいけど、あんなところまで行けるかー)

 触ってみた感想としては以下の通り。いろいろ言ってるけど個人的感想ということでひとつ。畳んでおくので、見て不愉快になってもわしゃ知らん。
・iPhone3GS
 スクロールのスムーズさ、指の動きについてくるフリック操作の追従性はさすが。というかWillcom03と同時期の機種なのにこの動きはまさに神機。今に至るまで君臨し続けるのも頷ける。
 もっとも指の動きに追従しすぎて、フリックしたが最後、指で隠れてるところが見えない… まぁこれはたぶん慣れの問題。
 確かに滑らかな動きで素人受けしそうだが、オモチャ感は否めない。というかこれはスマートフォンというよりオモチャの類。ちょっとした移動中のエンターテイメントや手軽な便利ツールとして買うのならば問題ないだろうが、ここまでガッチリと枠が決まっており、その中で弄るしかないという端末はスマートフォンを名乗るにはちょっと。
 もちろんこれは「数万数十万存在するiPhoneアプリを用いれば云々」 という問題ではなく。極端なことを言えば、アンドロイド機はカスタマイズしてOSの動きすら変更可能だが、iPhoneはトップのランチャー画面が固定とか、そういうレベルの話。脱獄に話が及ぶとややこしくなるが、脱獄したってiPhoneのカスタマイズできる範囲なんてタカが知れている。
 iPhoneというのは最初に用意されている器をどう使うか、どう自分の色を塗るか使うか、という端末であって、器に何を盛るか、器の形をどう作り変えるか、という端末ではない。で、自分がスマートフォンに求めるものは後者。そんなもん用意されてる機能を使うなら昨今の携帯電話でええがな。外でゲームなんてやらないし。
 あと、iPhoneの売りである動作の軽さは、シングルタスクである点に大きく依存していそう。CPUはそこそこでメモリは兼用ながら、ユーザアプリはシングルタスクで動かすので、さほど負荷がかからない。というかシングルタスクだからこそ、このハード構成であり、これは最初からそう狙って作られていると思われる。
 で、シングルタスクである以上、GoogleMAP上で検索してヒットした箇所をクリックしてブラウザを起動するような「普通の」 スマホの使い方をしようとすれば、いちいちMAPを終了させてブラウザを起動させるハメになり、心底うんざり感。慣れればなんてことないんだろうけど。こちとらWillcom03使いだったもんで。スマホってそういう使い方(複数アプリ同時起動) しかせんのよ。ユーザーがタスクマネージャを操作しなければならないなんておかしいってジョブズ君は言ってるけど、どうでもええがな、そんなもん。あるものを使いこなすだけの話やんけ。こちらとしてはシングルタスクの方が信じられんわい。もう本当に。最初は良くても使い込めば使い込むほど苛々してくる類だろうなぁ。できることが最初にほぼ決まってるんだもの。とっつきやすく、そして発展性は少ないといえる。こんなこと言うと、多数のアプリが云々! とか言う人がいるが、そういう問題ではないんだ、そういう問題では。


・XPERIA
 これは店頭に置いている実機しか弄ってない、という前提で。
 一日中弄られていたに違いない店頭機で、当然スマートフォンなのでマルチタスク可能。ということは、弄られまくった挙句に裏ではタスクがどんだけ立ち上がっているか知れたものではない。にも関わらず、操作感はサクサクヌルヌルで悪くない。画面移動のフリックなどではわずかに指の動きに遅れて追従するが、おかげで画面が見やすくて助かる。これはWillcom03のOPERAブラウザでそういう動作に慣れているから思うことだろうが。
 機体が大きいため、下部のボタンが押し辛いという意見を耳にするが、個人的にはなんてことなかった。というか使いやすい。単にこちらの手が大きいのかな。ボタンの感触も固い固いと聞いていたが、別に? 普通にばちばち押せますぞ。
 動作感を確かめるために、あちこちのアイコンをバチバチタップしまくってから即座にタイムスケープ(XPERIAがアピールしているタイムラインアプリ。たいてい真っ先にアンインストールされる) を起動してみたところ、見事につっかかった。起動アニメーションがカクカクでアイコンが並ぶアニメーションも滑らかではない。が、起動し終わるまでの時間は普段とそんなに変わらなかった。アニメーション切ればストレスなさそうね。
 XPERIA叩きに多い意見としてマルチタッチが不可能であり、拡大縮小ボタンを押したときの動作(アニメーション) がカクカクだ! というものがあるが、拡大縮小後の画面が見やすいかどうかが問題なのであって、途中のアニメーションはどうでもよくないか。それとも途中のアニメーションが滑らかでないと寿命が削れる病にでもかかっているのだろうか。スマートフォンに何を求めてんだ。携帯かiPhoneでも使っとけ。また、マルチタッチなどという両手を使う操作は満員電車の中などでは迷惑この上なく、片手でやろうとすると両手ほどのパフォーマンスは出せない。拡縮ボタン操作なら片手でできるが、このことを叩く意味はなんだろうな。ボタンを押す操作が一回か二回多いと、その余分にかかった時間で発狂するのだろうか。病院行け。マルチタッチが無い=未来が無い理論に至っては意味不明すぎる。ピンチ操作で微妙な拡縮合わせができるのは便利かもしれないが、その微妙な拡縮合わせが必要な場面ってそんなに多いか。マルチタッチなんぞ無くても困ったことがないし、別に未来に必須だと思えるような要素もない。あればあったで使うかもしれないけど、どうせ両手使うならキーボードも積んでほしいぞ(話が飛びすぎ)
 とまぁXPERIAを擁護するようなことを言ってきたが、総評としてこの機体の完成度はまだまだ低い。基本的な動作とアプリの動きの統一性が取れてないとか、デフォルトアプリ間の連携がイマイチだとか。さらにOSのバージョンが古いことはよく言われることだし、指先操作の直感的な操作感という点ではiPhoneには及ばない(これはiPhoneが直感的な操作を目指しているということもある) 今後のブラッシュアップに期待したいが、ちゃんとサポートされるんかな。してほしいけどな。ワクワク感は尋常ではないだけに。
 Android端末ということで拡張性は高そう。というか弄り甲斐というべきか。それだけに、初期状態では単なるウォークマンの化け物なので、自分用にカスタマイズするという作業がまず必要になりそう。いやスマホってそういうもんだけどさ。最初に全部提供されてそれをそのまま使うiPhoneの方が異端なんだと思うが。それだけにiPhoneを対抗馬にしたCMは失敗くさい。iPhoneと同様の使い心地を求める人が、スマホってどういうものかを知らずに購入したら、まず挫折コース。スマホはカスタマイズしてなんぼやでー俺用端末は楽しいでーってCMを打つべきではなかったか。オタク臭いといえなくもないが、そんなもんなんだって同じだ。個人的にはメールに追われまくる携帯者は端末に使われるメルオタにしか見えん。
 一応ビックカメラではよく売れているようで、翌日電車の中でもけっこうXPERIAを見かけた。というか職場でも早速XPERIA者とiPhone者が喧嘩してた。喧嘩すんなよ。目指してるところも得意なこともお互い違うんだから。


・Desire
 最新! が売りのDesire。最新のAndroidを搭載し、XPERIAを露骨に槍玉に挙げて、あっちにはこれができないがこちらはできます! なんてポップまで作っていて大変おとなげない。その逆はどうした。XPERIAにはできてDesireにできないことはよう。あるだろ、いろいろと。素人騙す商売好きだなソフトバンク。いや、うそはついてないからいいのか。言ってないだけで。
 それはともかくとして、Desireを早速弄る。待ちうけ画面は綺麗なLEDを模した… こんな電池食いそうな待ち受け…ッ
 XPERIAと同様に下部にボタン三つ。機体はやや小さい。有機EL画面はさすがに美しいが、これ屋外だと厳しそうだな… 有機ELの弱みだしな。ボタン操作についてはXPERIAを弄った後だったので、比較になってしまうが、ボタンを押したときの操作が直感で分からない、分からないよ父さん。それともこの短時間でXPERIAに最適化されてしまったのか。だったらXPERIAすげーな。
 だがまぁ、これがホームボタンだろうと押すとやはりホーム。そこでもう一度ホームボタンを押すと、仮想7画面分のホームがアイコンに。これは面白い。ってこれは仮想画面を7画面分以上追加できないという制約があるってことではあるまいな…(ごくり
 とりあえずホームからランチャー画面を起動した。
 ダセッ
 これじゃiPhoneじゃないか。なんで旧機種に追従するか。いちおうランチャーもカスタマイズ可能だが、アイコンを移動させるにしても、XPERIAと比べると配置できる場所の制限が厳しい… てかアイコン浮いた状態で留まられるとどうしていいのかわからない悲しいWindows者の習性が。
 カスタマイズの余地という点では、おそらく同じAndroid機のXPERIAに勝るとも劣らないはず。使い込めば立派な俺端末になるだろう。だが、いいか、はっきり言う。見た目も画面もXPERIAのがスタイリッシュでかっこいい。どうせ持つならXPERIAを選ぶ。
 ソフトウェアキーボードの使い心地は悪くないが、キーボードはやはりボタン叩きたい派としては、iPhoneだろうがXPERIAだろうがDesireだろうが変わらない。XPERIAの「何かボタンが入力されたら次に絶対来ないボタンは殺す」 機能は楽しいが、キーの大きさが変わるので慣れるまではピンチ。Desireは普通。マルチタッチ対応なので、ボタンを押すタイミングがかぶってもフォロー可能なのはありがたい。が、そんなのはハードキーボードでは当たり前で… あぁ、ないものねだりをしてもしょうがねぇーッ(Willcom03のキーボードでツィートしつつ)
 いろいろと悪い点ばかり書いた気がするが、これも一日中弄られていただろうに、サクサクヌルヌル動くのはさすが。ピンチ操作での拡縮もiPhoneに勝るとも劣らないし、フリック操作も軽い。もっとも、フリック操作に限定すればiPhoneよりもXPERIAに近いタイプで、指の動きにわずかに遅延する。絶対こっちの方が使いやすいって。指にぴったり吸い付かれると、ゴミ箱にファイル捨て辛いんだよ。


 とまぁ、3機種弄った帰り道にWillcom03を開きながらしみじみと思うのだった。
 WindowsMobile(WM) 機は素直だな、と。新味がないとも言えるが、新味すぎてトガりすぎてる新機種よりも馴染む。
 Willcom03(というかWM機) はUSBでパソコンに繋げばそのままファイラで中身を覗けるし、ソフトもさくさく移動可能。Windowsアプリストアなんぞ覗かなくてもネットにいくらでもソフトが落ちている。Windowsというパソコンの莫大な資産およびプラットフォームと強力に連携でき、ほぼパソコンそのままの操作性でカスタマイズするにしても大して苦労もしない。
 そりゃハード的にはもう古臭いが、当時の機種としては高速だった(デフォ状態で使ってタルいとかぬかすアホは大量にいた) こともあり、今でも設定を弄れば充分高速っていうか繰り返し入力の設定を最速にしてるから、Desireのノーマル状態よりもカーソルの動きは早いけどな。
 そろそろ電池も消耗が早くなってきたが、もう少しこの機種で引っ張ってもいいかな(よりにもよって結論はここ)

 などと言いつつ一週間後には早速新しい機種を入手しているかもしれないが。

« 泣いても笑ってもあと2ヶ月弱|Top|妖精たちの空中庭園 第5回 »

コメント

すまほは…

Willcom03のひとつ前のAd-esを使っていますが…先日電池だけ買いました。
高ッと言いながら買いましたけど、電池変えたらびっくりするくらい元気に動き始めたのでキートップが削れたり角の塗装がはげたりしていますけど、まだまだ使えるよな、これと落ち着きました。

最近のすまほは…新しいし高機能だし通信も早いのでしょうけれども、電池の事を考えればガシガシ動かせばすぐ切れるのだろうし、今のままで十分な気がします。

Re: すまほは…

こちらも電池買い替えで秋冬モデルが発表されるまで凌ごうかな…
あちこちボロボロだけど、弄り倒しただけに愛着があるです。
通信速度は遅いけど、遅いなりにブラウザがサイトを表示し終わるまで裏で別のことやったりして自分を端末に合わせて最適化したりするのも「機械を使う」ことだと思うし。
つか、Willcomの端末って動作がタルいタルいと言われるけど、設定をきちんとすれば爆速で動くのだよな。妙なエフェクトやら機能がない分、その辺は強いのかも。
滑らか動作とかどうでもいいしなぁ。目的の動作ができればそれで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/746-01a48faf

HTC Desire を紹介しているblogまとめメモ

HTC Desire(X06HT)の情報 Xperia発売と同時に予約が開始されたHTC Desire(sb,htc)ですが、発表以降、正式な情報がほとんど入ってきません。今のとこ...

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: