ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

また肝冷えまくり

 浜岡原発で廃液漏れ、作業員23人が被曝

 F-15の事故でも言ったけど、事故んな。
 ってわけにもいかないのが原発だもんなぁ。

 原発の技術はマッハで飛ぶ戦闘機以上に確立されていないのが現状。
 放射線を浴びた素材は劣化していくし、放射性廃棄物の処理にしたって、言ってしまえば未来へ丸投げしている。被爆した人体の損傷を回復する手段だって自然回復しかない。
 こんな現状で事故を起こさないはずはない。
 はずはないけど、事故が起きるたびに何やってんだーって声があがるのは、いたしかたないところだろうなぁ。

 究極的には、原発が不要になればこんな事故は起きない。
 つまり電気を使わなきゃいいわけで。

 ンなことができるのかどうかはともかくとして。

« われらがリーダーに勇気と正義を与えたまえ。- その1 -|Top|運用は内閣情報調査室の一組織 »

コメント

絶対安全な物ってこの世にないですからね
完全に安全な物を作るって永遠の課題ですね。偉い人分かってんのかな

事故は教訓の宝庫だし安全を磨き上げるための大事なファクターだけど、そんなの知らん僕には関係ないねーって人たちからすれば文句以外出てこないってモンでしょう
文句だけ言っといて、じゃあ解決策は?って話になると専門家に丸投げ(また事故ったらまた文句言ってまた丸投げ)ってのも無責任な気もするけど、分かってないならそれもしょうがないっちゃしょうがないですかね
できれば「なにやってんだー!」じゃなくて「もっと頑張れ!」って言って欲しいところ。

事故に対して文句を言うのはまあいいと思うんですけどね。
偉い人というか、そういう立場の人は文句だけじゃなくて対策も述べなきゃならない。
遺憾です、じゃ収まらない話で。
そのときに、その事故から何を汲み取り、かつ周囲をどうやって安心させ、そして現場を督励できるかは大事なことなんじゃないかなぁ。

予断だけど、我が父は以前発電所の事故(ニュースになりました)で現場対応に当たってましたが、当時与党の自民党から出ていた知事はふらりと単身やってきて「がんばってください」と言葉をかけ、見舞金を置いて現場の邪魔にならないように引き上げたそうですが、野党所属の議員はマスコミと一緒に押しかけてきて説明を要求し、しょうがないから現場で対応していた職員が出て行くと、もっと上を出せとゴネて凄まじい不況を買ったとか。
結局新聞に載ったのは知事のコメントで、内容は「現在現場復旧にあたっており、詳細は調査中です」というよくあるものだったそうですが、だったらあの野党の議員は何をしにきたのかと。
「やっぱ与党を取るような連中は違うな…」とは父のコメントですが、今の与党は大丈夫なんだろうか。
続報が少なくてなかなか追っかけるのがしんどい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/665-c61d5c67

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: