ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

続々々々…

 昨日のエントリでAWACSと書いたら、それ何、って二通も。
 Wikipediaでいいから見てごらんよ。ちゃんと説明されてるから。
 あと、イーグルの空戦能力の優位性について大変長い意見をお寄せいただいたが、昨日のエントリでも述べているとおり、現代の空で、単機の空戦の強さに如何ほどの意味があろうか。
 幾ら空戦に強い機体でも、AWACSに探知されて視程距離外からステルス機にミサイルを食らえば空戦の機会すら無い。つまるところ、現代の空の戦いというのは戦闘機だけではなく、空軍という巨大なコンプレックスそのものが如何に機能的に働くかが肝であって、各部がギクシャクしていればどんな最新鋭機を揃えたところで意味が無いと思うのだけれどもどうかなぁ。
 これは別に空軍に限った話ではなく、空軍も含めた軍全体にいえることだし、軍を動かす政治もそう。

 極端なことを言ってしまえば、今の戦闘機はミサイルを運搬する発射台という見方もできる。
 AWACSの指示に従って所定の配置につき、指示された目標に対してアウトレンジからミサイルを放つのがお仕事。必要があれば空戦も行うが、アウトレンジから相手を仕留められれば言うことなし。
 もちろんお互いに見えていれば相手もミサイルを撃ってくるので、こちらはステルス機であることが望ましい。
 実際、空自のF2は対空・対艦ミサイルを4本積むことが求められたが、これはF2を一定数飛ばすことで、その4倍の数のミサイルを運ぶことができ、相手の防空能力を超えたミサイル攻撃を行うことができるから(飽和攻撃という) で、F2はもともとミサイル発射台としての役割を求められている。
 これはわざわざ地上に対空ミサイルランチャーを配備しなくても、F2がマッハ2で現地にカッ飛んでいってミサイルランチャーになってくれるという点で、大変便利。

 とまぁFXから続いてきた戦闘機関連の話だけど、もともとさほど詳しくない上に、キリがないのと、質問自体が挑発的になってきているので、この辺で打ち切りたい。
 FXに動きがあればまたなんかエントリ立てるかもしれないけど。
 先に民主政権になって防衛費5000億削減とかの話題が出るかな…
 5000億はAWACSが10機とかF2が40機とか90式戦車500台とか買える金額である。というか日本は防衛している。防衛しているから防衛費がかかるのであるが、5000億減らしたらその分防衛力減なわけで。周辺諸国は未曾有の軍拡の真っ最中なわけで…

« よくやるやつ|Top|注文ミス »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/560-4fb5506d

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: