ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースブレイバーレポ

 マニモカイザーBD出すぎですよ!
 C21はまだ続けてます。やめてたまるか。夜中に帰宅するとセッションに参加もできないんだ。
 でも時間的に一緒に遊ぶ人が少なくて、まだ少尉にもなれないよ! ダスドのダンジョン行けないよ!

 まぁそういうわけで、マニモdeガチャで5連続マニモカイザーBDという快挙を果たし、ついでにMtも使い果たし、殺意の波動に苛まれつつも微妙に課金。
 気がついたらコマンドーに並んでいたエースブレイバーを見てニヤニヤしていたわけで。
 今回はエースブレイバーの使用感というかレポート。


 今までのC21レビューはこちら


 課金するともらえるチケットを20枚集めて交換しよう! という露骨な売り方をされているだけあって、エースブレイバー(以下エース) の性能はかなり良好。
 潜在能力はS+となっており、最近アテにならない潜在だが、まさにS+の数値を誇る。具体的に言うと30レベルまでの必要経験点やら最終的なステータスやらはカメンティスが近く、比較対照としてもってこい。
 特に優れているのは移動系のステータスで、30レベル時点の歩行速度はSサイズ機としてはサイバリオンに次ぐ速さで、シャボォンと並ぶくらい。飛行速度もトライスターに次いでいる。モールニードスの方が速いかもしれないけど、その辺はデータ未入手。
 ただし若干機体重量が重く、カメンティスより歩行は速い数値だが、重量補正の関係で差はほとんどない(互いに装備無しの状態で歩くと、ごくわずかにエースのほうが速い程度)。重量的にはトライスターと同クラスでSサイズとしては重く、背も高めなのでSサイズとMサイズの中間くらいの性質を持っている。
 エースが優れている点としては、移動系の他に防御系が挙げられ、弱点となる属性が無い。比較的電撃系が低いと言えなくも無いが、他の属性の防御とほとんど変わらないため、特に気にする必要は無いし、最終的には全ての防御系の数値が高めになる。
 これに高い移動力が合わさって、とにかく移動していれば広範囲攻撃されない限りまず直撃は食らわないし、食らったとしてもそうそう大ダメージにはならず、この辺はカメンティスと使用感は似ている。

 内蔵ウェポンはBD内蔵のチェストバルカンとAM内蔵のヒートクロー。
 チェストバルカンはトライスターのバルカンと非常によく似ているが、威力はこちらの方が高い。ただし装弾数は10発しかなく、あっという間に撃ち終わる。射程は非常に短く、消費も高い。また発射前に溜めがあり、咄嗟に放つことができない。いったん出てしまえばキラーブレイダーすら怯ませることができるが、何せ短射程なうえにあっという間に撃ち尽くすため、これで押して行くのは至難の業。
 ヒートクローは名前から連想されるとおり火炎属性。空中からのヒートクローでポインやデゴではザクザクとmobを狩れる。ただしダッシュキャンセルしてしまう性質で、発動させるとシュヴェアファウストのように一定距離を高速で突進する。距離自体は短いが、恐らく速度は歩行速度依存のため、歩行速度の高いエースが放つと非常に速い。とはいえパイルバンカーのようにはいかない。
 空中ダッシュから出すと急角度で下方に向かって突進するので、挙動としてはスピアやランスに近い。飛行中に出すとやはり一定距離をやや下方に突進するが、飛行自体は中断されない。このヒートクローはAMに手持ちウェポンを持つと発動できなくなるので、エースの武装はよく考える必要がある。
 これら内蔵ウェポンとエースの性能から見るに、エースの戦い方とは、とにかく高速を活かして接近。多少の被弾は高い防御で耐える。そして射程に入ったらヒートクローで一撃。これで弾き飛ぶような相手ならさらにクローで追撃。怯まないならバルカンを一気に叩き込む(クローを当てた時点でメインボタン押しとく)。どちらにしろエースの攻撃は短時間で終わるので、すぐさま離脱。バルカンなんかもう相手の背後に回りこみながら撃つ感じで。
 という、まさに一撃離脱。しかも蝶のように舞い、蜂のように刺すといった戦い方よりも、猪突猛進がよく似合う。HPが蝶蜂タイプのカメンティスと同程度なのが惜しいが、Sサイズ機としては多い方なので我慢だ。
 同タイプにビートラムがいるが、エースの方が速度があり、しかも格闘値も並ぶため、ビートラムの立場がピンチ。余剰積載は初期はエースの方が劣るが、最終的にはエースの余剰積載はポンジャに並ぶ。多くは無いが、Sサイズ機だし、充分ともいえる。

 エースをパーツとして見た場合、BSの重さが気になる。トライスターのBSと同じ重量であり、トライスターの方が高速なので、取り替えてもいいかもしれない。必要経験点は増えてしまうが。個人的には飛行時のエフェクトがかっこよくて好き。
 BDは重さの割にはENQがイマイチで内蔵ウェポンのバルカンも使い辛さが否めないため、軽いBDかENQの高いBDに取り替える方がパフォーマンスは上がる。ただし内蔵ウェポンは戦い方に影響するため、これについては後述。
 HDはサブウェポンの威力を微増させるため、サブウェポン主体で戦うなら変えられないところ。メインウェポンで戦うならENQの高いものに取り替えてもOK。
 AMについては一番考えるところ。エースらしさが凝縮されているといって過言ではないパーツで、これを外して手持ちウェポンで戦うなら、エースブレイバーである必要はまったくない。ぶっちゃけデルファイターBD ★とデルファイターAM ★に挿げ替えて手持ちウェポンで戦えば爆裂ENQを持った強力な機体になるが、これはエースブレイバーというよりもデルファイターアセン機。同様にカメンティスBDとAMでもいい機体になるが、これは重くなったカメンティスだろう。
 先に述べたがAMは手持ちウェポンを持つと内臓サブが使えなくなるため、手持ちウェポンで戦うならエースAMを無理して使う必要は無い。格闘値が高いので社屋ウェポンなどを持つために使えるが、そういった特別な理由でもなければエースAMの用途は「ヒートクローで戦いたい」 に限られる。そしてヒートクローを潰してメインウェポンを持つならバルカンの価値もほぼ無くなり、あとは手持ちサブウェポンを持てば汎用Sサイズ機のできあがり。これをするくらいならより軽いBDとAMを選ぼうぜ! という話。
 とはいえ、両AMともヒートクローにしておく意味はあまりないので、EXショットガンでも片手に持たせておけば飛び込む機会を伺いながらも攻撃できるようにはなる。機体が重いのでENQへの影響が出やすいため、できればもっと軽いウェポンの方がいいかもしれないが。
 あくまでもエースらしさを残すなら、BSとLGを軽いものに取り替えれば余剰積載が増え、武装はそのまま残るが、余剰積載を稼いだところで何を持たせるかというのも悩みどころ。機動力下がりそうだし。
 余談だが、まだ手に入れていないが、メインとサブが一体になったソードマシンガンは、実はエースのための武装なんじゃないかと睨んでいる。片手に持つだけでそこそこの射程とダッシュキャンセルしないサブが手に入るわけで…

 エースは決して扱いやすい機体ではなく、また純正で使おうとすると非常にクセが強い機体だが、コンセプトが非常にはっきりと見える良機という印象を受けた。汎用的に使える高性能機なんてもう溢れかえっている。そんな機体はもう飽きた。一本スジの通ったコンセプトありきの機体。なかなかいいんじゃないだろうか。
 個人的にはシルエットもなかなかかっこよく、普段使わない赤系のコントラストが強いカラーリングが非常によく似合う。

« 大晦日|Top|クリスマスな人たち »

コメント

エースすげえ移動スピード速いみたいですね。モルちゃんはレベル30で飛行142歩行168だったから、余裕でモルニ超えてるんじゃないかな
強いとか関係なく無償の愛を注げるような機体(ヘリとかメカルドとかジェッターとか)をいつでも求めています。エース欲しいな

強いとか関係なく無償の愛を注ぎつつあります。
イカすぜエースやっほう。

追伸
ソードマシンガン出ました。
パーフェクト3と合わせて積載内やったぜ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/320-6b0da6cc

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。