ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

エロゲで社会が滅びると思ってる(思い込みたい) 人

「エロゲーは危険な社会を作り出す凶器」――規制を求める請願、衆議院に

 馬鹿だ。
 馬鹿がいる。

 曰く

「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」
「ランドセルを背負った小学生の少女をイメージしているものが多く、幼い女の子にとって極めて危険な社会を作り出す凶器となる」

 えーなんだこの主観的な内容。
 んで、アダルトゲームに限定してるのはなんでだ。

 少なくともこれを問うなら

「心を破壊され、人間性を失ったアダルトゲーマーが青少年ゲーマー全体に占める割合」
 及び
「ランドセルを背負った小学生の少女をイメージしているアダルトゲームが、アダルトゲーム全体に占める割合」
 さらに
「幼い女の子が危険にさらされた事例のうち明らかに少女を扱ったアダルトゲームが原因と判明している事例が少女事件に占める割合」
 さらにそれらの「経年変化」 をデータとして提出しないと話にならないだろうに。

「アダルトアニメゲーム・雑誌は幼い少女達を危険にさらす社会を作り出していることは明らか」 とまで言い切る以上は当然アダルトアニメゲーム・雑誌が幼い少女たちを危険にさらしたと確定している事例が何件あるかと、その経年変化ももちろん把握してるんだろうなァー
 でも把握しているとしたらこうした主張の際に客観的なデータとして提出しないと全く意味が無く、それがないと単なるイチャモンに過ぎない。
 さらには1万449人の署名って、その署名に何の意味がある。日本の法律では代議士を選ぶのは「署名」 ではなく「投票」 であり、国民は自分の意見を国政に反映させるために代議士へ投票する。署名を集めたからといってその署名にはなんら実効が無い。
 ついでに言うと、1万件ぽっちの署名で数十万数百万のユーザーがいるゲーム業界への意見とするには弱すぎないか。
 さらにもうひとつ言わせてもらえば、今どき署名が欲しければ2chにスレッドでも立ててうまく誘導すれば同じ期間でこの3倍は軽く集まることは確実で、わざわざ時間と手間をかけて署名を取るのは時間と金の無駄の極致ともいえる。ネット社会においてこうした本人確認の必要が無い投票行為は本当に無駄じゃないだろうか。どうせ署名だって本人の名前か、さらには実在している人間の名前かも確認できない以上、ハンドルネームのCGI投票と意味あいは変わらない。

 こんな無駄なことに時間と手間隙と金をかけた上で主観的なイチャモン(素直にゲーオタはキモいから滅びろ、といえばどうか) を法制化しようとするとは、あんたは民主党か。あぁ民主党か。じゃあしょうがないな。何か言うときに客観性の高い根拠を出さないことにこれほど特化した政党もないや。もちろんこれは私の主観的なイチャモン。


 ちなみに少しでもゲームと犯罪について意味のありそうな数字を漁ると

「警察庁のまとめによると、平成19年に摘発した児童虐待事件は前年比1%増の300件、わいせつな画像を撮影されるなどの児童ポルノ事件の被害に遭った児童(18歳未満)は同20.2%増の304人で、いずれも過去最悪になっている」

 という調査結果が出てくる。ただし「アダルトアニメ・ゲームとの関連性は不明」 というオチがつくが。
 アメリカだかどっかで暴力的な表現のあるゲームと犯罪についての関連を何年も追跡調査した結果、結局有意性は認められない、ってな結果が出てた気がするけど、ソースを忘れた。残念。

 ちなみに個人的にはエロゲがどうなろうがまったく心底どうでもいい。
 どうでもいいが、こういう自分の趣向を取り繕い、言葉を飾った上でフェミニズムの殻を着せて正義面して振りかざされるのは物凄く不愉快。
 そして正義を振りかざして他人の庭に土足で踏み込んでるんだという意識が丸っきり感じられないのは、見ていて恥ずかしさすら感じる。
 なぜなら、この人たちは我々が投票で選んだ代議士だから。
 たとえこの人たちやこの政党に投票していなかったとしても、この人たちが我々の代表であるという事実は変わらない。
 次の選挙は気を付けようって気にもなる。

« 収納の秋|Top|2.0の種族 »

コメント

はじめまして

初めて書き込みます。よく参考にしています。これからも遊びにきます!

いらっしゃいませ。
このようなところでよろしければ、またお越しくださいませー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/299-5e99a1a9

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: