ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

アセンブルアセンブル

 せっかくC21で遊んでいる上にブログにカテゴリまで作ったので、今回は自分で使っている機体のお話を。
 パーツをアセンブルして機体を組み上げるのが楽しいゲームなので、自分で使っている機体のアセンブルによるパーツの変遷を辿りたい。

 私の好みの傾向はTRPGでもそうなのだけど、一発屋よりは多技能。パワーよりスピード。そして強さよりも楽しさ。もっとも、使っているうちにだんだんあれこれと手が伸びて一発屋も網羅してたりするけど。
 PCが増える原因ですね。あれこれあれこれやりたくなる。  そんなわけで、最初の機体を選ぶルーレットにチャレンジ。
 出た機体はパワー派のメガトンオー。スルーしてもう一度。今度は万能のゼロファイター。これだ。


○ゼロファイター
 万能を謳うだけあって全てが平坦なゼロファイター。平坦に高ければ問題ないのだが、初期機体なので平坦に全てが低い。初期装備の反動にも耐えられず、撃つと後退する(反動に負けている状態では敵をターゲットに捉えていても外したりする。この状態で無理やり前進しながら撃つと面白いほど弾が散る)
 初期地点でミッションをある程度こなしつつ周辺で5レベルまで上げ、一路ランタナ村へ。目的はランタナ村でキャノンボールを購入すること。
 もっともキャノンボールを機体として使う気はさらさらなく、ゼロファイターにパーツとして組み入れる魂胆。
 ランタナ村周辺はmobの強さがレベルアップしており、追いまくられながら必死でランタナ村を目指す。突発ミッション(ときおり突発ミッションと称して戦闘イベントが起こる。稼ぎ時だが、初期機体には地獄) からも逃げる。移動した先のフィールドでまた突発が起きていたりすると地獄の板ばさみ。
 なんとかランタナ村へたどり着き、目的どおりキャノンボールを購入 → 一度もその雄姿を見ることなく解体。
 ここでアセンブル開始。
 キャノボLGにキャノボBDを乗せ、LGとBSを外したゼロファイターとキャノボBSを乗せる。

ゼロファイターHD

ゼロファイターAM-ゼロファイターBD・キャノボBS-ゼロファイターAM

キャノボBD

キャノLG

 分かりやすく言うと、足がキャタピラで腹に大砲をくっつけたゼロファイター。
 ゼロファイターLGとBSに配分されていた経験点が失われ、残った経験点が新たに加わったパーツ(キャノボLG、BD、BS)に分配された結果、1レベルに戻り果てるぼくらのゼロファイター。いやゼロタンクか。
 しばらくこれでやっていたものの、耐久力やENは追加パーツ分増えたのだが、機体サイズがSからMになった(BDが二段重ねになったため) のが気に入らず、結局キャノボBDを取り外すことに。
 こうしてゼロタンクというよりもゼロトラクターになって機体サイズをSに落とし、この状態で惑星ポイーンのミッションを卒業。惑星ゲルニアでゼロファイターAMをタラントリックAMに換装し、重量の軽減と射撃・格闘能力のアップを果たす。
 しかしゲルニアで力不足を如実に感じ(飛行mobに血祭りにあげられかける)、ダンジョンアタックで手に入れたメガトンオーBDとメガトンオーHDに換装。
 その結果

メガトンHD

タラントリックAM-メガトンBD・キャノボBS-タラントリックAM

キャノLG

 という編成になり、機体名がゼロファイターなのについにゼロファイターのパーツがなくなってしまった。
 その後、倉庫に眠っていたゼロファイターパーツは新たに純正ゼロファイターとして組まれ、低コストミッション用機体として普段は倉庫で眠っている。
 一方、メガトンパーツ導入により見た目が黒髭危機一髪に成り果てた元ゼロタンクは、その後マシンガンを装備するまでに成長したが、惑星ガルドのミッションをクリアする際に僅かな戦力となったのを最後に純正メガトンオーに組み替えられ、その役目を終えた。


○ヘリンガル
 二番目の機体。購入したのは三番目だが、二番目に買ったキャノンボールは次の瞬間パーツに解体されたので、このヘリンガルが実質セカンド機である。
 ゼロタンクで必死で金を一日に4000くらいずつ貯め、やっと45000程度(惑星ガルドへの渡航費用含む) に到達。喜び勇んで惑星ガルドへ渡り、mobに一瞬で血祭りにあげられかけつつなんとかシティに到着。購入即主力。さっきこてんぱんにされたmobをこてんぱんにし返してポイーンに帰還し、以降メイン機体に。
 アセンブルができないので単にレベルアップに専念するしかなく、おかげで今では手持ちの機体で最高レベル。カンビ遺跡のボスを15秒で撃破可能。


○エスエルX
 サード機。両腕マシンガンと垂直発射式ミサイルに惚れ込んで購入。
 とはいってもレベルが上がらないと火力は大したことなく、ENは切れやすく、動きもトロいという純正ではおよそ使いづらい機体なため、12レベルを超えた頃からアセンブル前提で二軍落ち。
 そしてようやくお金が貯まったので、ポーンジャーとスコルタンという、それぞれSサイズとMサイズで無課金最強の呼び声も高い機体を購入して即解体。総額10万に達する買い物を行い、エスエルを変貌させる。
 レシピは以下の通り。

ポンジャHD

ポンジャAM-スコルタンBD・なんかいっぱい積めるなるべく軽いBS-ポンジャAM

エスエルAM-ポンジャBD・適当な補助BS-エスエルAM

メガトンLG(将来的にはコスモLGの夢)

 上段のスコルBDについているポンジャAMには武器を持たせ(格闘武器と長射程武器)、下段のポンジャBDについているエスエルAMでマシンガンマシンガンマシンガンマシンガン。
 エスエルはもうAMしか残ってないが、もともとエスエルの価値はこの両腕マシンガンに集約されているので、これでいいのだ。
 このアセンブルはポンスコWSLAM(ポーンジャー・スコルタンWエスエルAM)と呼ばれ、れっきとした無課金者のための主力機体。LGはメガトンではなく、コスモカイザーにするのが本来のポンスコWSLAMだが、何せ手に入らないので代用。BSはもっと早いBSを付けないと動きが遅くてしょうがない(メガトンLGの歩行が遅すぎるので、もっぱら飛行移動する) のだが、このクソ重たい機体を支え、かつ早いBSの組み合わせはなかなか見つからない。
 残ったエスエルのパーツの使い道は模索中。
 ちなみにSサイズ機のBDにWSLAMをつけるのには理由がある。肩幅が広いBDでWSLAMをやってしまうと、両腕マシンガンの射線が敵の両側を素通りするという悲しい事態を引き起こすためだ。純正エスエルはよくこれをやるので、敵に対して斜め歩きして撃つことが多く、横移動に比べると敵に対しての直角移動量が少ないので被弾しやすいという泥沼にはまりがちだった。
 また、コストの低いBDを使ってしまうと、エスエルAMのようにパーツに内蔵された武装は威力が下がってしまう。なので、肩幅が狭く、かつコストが高く、そして無課金のBDというとポンジャがベスト、ということになるのだ。
 コストを度外視すると肩幅の狭いBDは他にもあるが、その場合はBDを三段積みくらいにして平均コストを維持し、WSLAMの威力を落とさないようにしなければならず、三段積みのBDその他の重量を支えるLGとBSということになると、課金機体のパーツに手を出さないと苦しい。


○ポーンジャー
 元々ポンスコにするつもりで購入したポーンジャーだが「ちょっと動きを見てみるか」 と思って使ってみたのが運の尽きというかなんというか。
 無課金Sサイズ最強の呼び声も高いその諸性能はもとより、ゼロタンク(飛行)、ヘリンガル(地上)、エスエルXというどちらかといえばスピードの無い機体に慣れきっていた私の心をポンジャのスピードは優しくとろかした。
 歩いているだけで敵弾をかわし、飛行とダッシュで一瞬にして敵の懐に飛び込み、ゼロタンクなら20レベルを超えてもまだ装備できないような強力な武装(ビームブレードとか) を1レベルの時点で振り回して敵を撃滅。
 早い強いそしてけっこう硬い(ここは薄い方がSサイズ機っぽくて好みだったが) そしてSサイズとは思えないほどの積載量。パーフェクトロボがここにいる。
 まぁどれもSサイズ機にしては、という枕詞がつくんだけど。
 ただ、8・29事件(重量補正アップデート) でポーンジャーの性能は爆裂。速度は2割増し。EN回復は6割増し。Sサイズ機は積載量を1tでもオーバーするとEN回復が追いつかなくなってひいこら言っていたのだが、このアップデートで得た山のようなEN回復により、20tオーバーしても別に困らないという恐るべき物体に変貌を遂げた。俺のポンジャを返せ。いやまぁ強いから使うだけならいいんだけど。
 ちなみに1レベルから鬼のような性能を誇るポンジャだが、さすがに成長率の関係で高レベルになると課金機体にだんだん追い抜かれていく(課金機体は初期貧弱でも伸びがアホみたいによかったり、最初からアホみたいに強かったりする)
 だがそれでもポンジャの需要は高く、中レベルまでなら大抵の機体を圧倒するので(そして高レベル機体は育てるのが大変なので少ない)、最強の一角に名を連ねるのだった。
 というわけで、ポンスコを作るのが遅れたのは最初に買ったポンジャを純正で使い始めたせい。二番目に買ったポンジャは一瞬でパーツに解体した。


○マッハナイト
 名機マッハナイト。
 思い切って課金した直後、コマンドーを開くといつの間にかそこに鎮座していたという超次元的な経緯を経て手に入る。その前後の記憶は定かではない。
 ワクワクしながら出撃させ、まずはジャンプ。普通の機体は激しいジェットブラストを地面に叩きつけて上昇していくが、マッハナイトは軽やかに浮き上がり、LGは後方へ流れ、BDの後ろに伸びていた翼が左右に開く。そしてブースターに点火。
 速い。
 景色がぐんぐんと後方へ流れていく。
 さすがはマッハの名を冠する者。このスピード感はヘリンガルにもない。
 着地。
 遅っ
 歩かせた瞬間マッハナイトはカメナイトになった。
 いや、実際の歩行速度は遅いとはいってもゼロファイターくらいはあるのだが(だがゼロファイターの方がやや速い)、飛行時とのギャップが。
 マッハナイトの実力を知ろうと、1レベルの身でポインダンジョンにアタック。あっさりクリア。あんまり簡単で眠っちまいそうになったぜェーッ
 内蔵ボムが強い。アホほど強い。ポインの雑魚mobなど一発で撃破せしめるボムが同時に二発も投射されるのだ。ボス戦も高速飛行でまとわりつきつつボムボムボムボム。ちょっと飛行が速過ぎてまとわりつくのが難しかったけど、旋回が無理なら一撃離脱に切り替えれば良いだけの話で。
 こうしてマッハナイトに味をしめたわけだが、ここで悪魔の囁きに耳を貸す私。
 ガンドリルと組み合わせてガンマッハだ。歩行も飛行も神速で突撃ボム突撃ボム… のコンボが鬼のようなガンマッハ。是非やってみたい。

 気が付くとガレージにガンドリルが鎮座しており、パーツ欄にはP鉄BDと亀AM2が入っていた。
 詳しいアセンブルはガンドリルの項に譲るとして、そちらにBDを取られたマッハの残りパーツをどうするか。
 どうするもこうするも、超エースパーツのマッハBDを失ったとはいえ、高性能のマッハAMを活かさない手はない。手持ちのBDとBSをいろいろと試してみる。
 結論。私はろくなBDパーツを持っていない。
 フログランダーBDとかメガトンBDを合わせてもマッハAMの性能に引きずられて多少数字がよくなるだけで、微妙な中ランクの機体になるだけである。
 沈思黙考。
 結論。なんかいいBDを探そう。
 気が付くとガレージにビクトリーキャノンNが以下略。
 早速ビクNからビクトリーBD4を奪い取り、残ったビクトリーパーツは産業廃棄物として売り払う。アセンブル開始だ(斯様に、一部の欲しいパーツを取るために本来要らんパーツごとロボを丸ごと買う、という恐ろしい循環にハマっていくゲームなので、意志を強く持たれるがよろしい。 ゲームマネーでもリアルマネーでも財布の紐を堅く締める 何があろうと俺機体を作り上げるという強い意志を)

マッハHD

マッハAM-ビクトリーBD4・ビクトリーBS-マッハAM

マッハLG

 マッハキャノンと喜んでみたはいいものの、さて使い心地はどうか。
 キャノンを撃ってみる。
 1レベルの純正ビクキャノンは自分のキャノンの反動に負けて後じさっていたが、マッハキャノンは小揺るぎもしない。これはAMの安定値が高いからで、さすがマッハAM、と称えるところ(機体の安定値はBDと両AMの平均)
 だが、歩いてみるとマッハLGなので鈍足だし、飛んでみるとビクトリーBSなので鈍飛行。
 これは…… 微妙だ!

 悩みつつガレージに打ち捨てていたが、諦めずに模索していたら光は差した。
 ポンスコを組むために余ったスコルタンのパーツ。そこそこの機動力を持つスコルタンのLGとBSが浮いている。こいつらはコストも高いので内蔵のキャノンにとっては福音。

マッハHD

マッハAM-ビクトリーBD4・スコルBS-マッハAM

スコルLG

 最初はどうかと思ったが、軽くて出力の高いスコルタンパーツは、ポンジャには及ばないもののビクトリーやマッハとは比べ物にならない歩行速度を達成。しかも節足動物脚で格好いい。飛行速度もビクトリーBSとは比べ物にならない。誰も残り物の寄せ集めだとは思うまい。ビクBD4という宝が組み込まれていることだし、スコルパーツはマッハパーツに負けないほど初期性能が高い。成長しないだけで。成長率はマッハAMとビクBD4が引き受けるので、これはこれで実はとても良い機体なのでは……
 そう思って挑んだカンビ遺跡では5レベルという低レベルだったにも関わらず、mob全滅プレイで8割まで踏破。残りは他の機体に譲ったものの、ポテンシャルは充分に示した。キャノンで弾幕張ってると誰も近付けねぇぜウヒャヒャ(ENが切れやすいので後で逃げ回ることになるが、そこでスコルパーツの速度が活きる)
 おまけに機体重量も純正マッハよりやや重い程度で、余剰積載は30t以上。内蔵キャノンがあるので、飛び道具はENが切れたときに回復を待つための補助的なものでいいし。
 基本的に重い機体のLGとBSほど余剰積載も大きいので、どんどん重いLG、BSを探せばよかろうなのだァーと思うかもしれないが、積載の大きなLG、BSほどEN消費が激しく、そしてEN回復はHDとBDに依存する。全体重量が軽い機体ほどEN回復にボーナスがあるので、機体に合った軽く、高積載で速度があるLGとBSを見つけるのは難しいのだった。

 検証。
・純正ゼロファイター
 総EN量:1130 補正EN回復:184 歩行速度:66 飛行速度:66
 余剰積載:8.5t 総重量:66t 総出力(EN消費):余剰+総重量=74.5
 

・ゼロファイターにメガトンLGとBS
 総EN量:1740 補正EN回復:138 歩行速度:28 飛行速度:28
 余剰積載:121t 総重量:134.5t 総出力(EN消費):余剰+総重量=255.5

 というわけで、重いLG、BSは多く積めるが消費が激しく、そして回復も少ない(そしてたいてい速度も遅い) ということになるのだった。
 何が言いたいかというと、マッスコキャノンは良い機体だと。


○ガンマッハ
 最初からアセンブル前提なのでアセンブル名。
 高速大火力を誇る花形アセンブルである。マッハBDとガンドリルLGはまぁともかく、これにあとBDをひとつ、それにくっつけるAM、キャノンボールBSを積む。
 で、コストを上げないと内蔵火器のボムとかドリルとかボムとかドリルとかの威力が低下して話にならないので、軽くて強いBDを探す。ポーンジャー? スコルタン? カメンティス?
 繋ぎのBDなので内蔵火器はいらない。いや、あったらあったでいいけど。どうせ使う機会は少ないし。
 いろいろ迷った挙句、Mサイズ最強のBDであるP鉄BD(パワードテツジンガーBD。テツジンガーBD2のこと) をチョイス。単にバラ売りされていたから選んだのだけど、強烈な防御力、高い安定性、唸る射撃・格闘値、豊富なHPとEN。EN回復も充分だ。そしてMサイズ最強の部類の重量。

 こら。
 重量見ろよ > 私

 AMは亀AM2(手持ち武器を持っていなければスゲェパンチを打てる。まぁ武器持たせるけど) を用意したが、P鉄BDをつけたことで重量が厳しい。とても厳しい。やむなくAMは一個だけ。これに射撃武器を持たせる。亀AM2の初期射撃・格闘値は低いが(レベルが上がると最強の一角)、マッハBDとP鉄BDでその辺は完璧にカバー。

ガンドリルHD

亀AM2-マッハBD

P鉄BD・キャノンBS

ガンドリルLG

 強い。使ってみて確かに強い。
 だがぬぼっとした重心のやたら高そうな見目といい、マッハBDによる前のめり感といい、片腕ロボな外観といい、見た目は最悪だ。
 強さを求めてかっこよさを捨てるとは、私も堕ちたもんだぜ…
 と嘆いていたら、ゲーム内でたまたま一緒に遊んでいた人たちになぜノーマル亀AM(パンチはないが、AM2より軽い) と亀HDをつけないかとなじられる。この上さらにあの眠そうなHDをつけろと。世の中上には上がいる。

 ちなみに使ってると強いです。あぁとても強いですよくそう。かっこ悪いけどな! 意図せずにトレインしてしまうので、たまにウザがられる。


○カメンティス
 アセンブルに使うために入手。
 何をどうやっても全てのパーツが有用との売り文句だったが、実際に手に入れてみてふと悩む。
 どの機体のどこに使えばいいんだ(考えて買えよ > 私)

 いや、実際は使うつもりだったんだけど。
 現状で特に困ってないというか。
 ポンスコWSLAMに組み込めば強くなるけど、あれはあれで無課金集大成なのであれでいいというか。眠そうな亀HDなど付けようものなら心が折れるというか。
 じゃあS機に使うか、と思って手持ちのS機を眺める。
 ポンジャとゼロファイター。
 ポンジャは亀に将来的には劣るが、今はエースだし、ENと余剰積載なら未来永劫亀には負けない。S機の弱点になりやすいEN量と余剰積載が強いわけだから、ポンジャはこれでいい。本当に名機だなぁ、ポンジャ。20レベルまでなら亀よりHPも強い。
 じゃあゼロファイターに亀パーツか。
 人これを宝の持ち腐れという。
 どうせならゼロファイターのパーツを亀に総とっかえすれば強くなるが、それはただのカメンティスだ。
 悩んでいる間に亀もレベル10。あれ、けっこう使ってる気がしたけど、と思って総経験点を見ると1万を超えている。確かヘリンガルは4500点で10レベルになっていたはず。
 そうだ、亀のレベルアップの遅さは筋金入りだった……
 ここまで使った亀を今さらバラすこともできず、悩む私のコマンドーで今日も亀は眠そうな目をしている。

※10レベル時点での亀
 武装性能とかはようやくポンジャクラスの強さになったけど、HPがポンジャよりずっと低い。こいつ20くらいにならないと強さが分からんのか。いつ20になるんだ。ヘリでもしんどかったというのに。
 トライスターよりは楽ですけど私信。


 結局あんまりアセンブルしてませんね。
 純正好きな私。

« うっかり|Top|C21 課金機体(分かる範囲) »

コメント

トライスターはレベルが上がったときの感動が、他のロボの比じゃないです。
いつになったら20レベルになりますか。

白銀さんの機体は夢と浪漫にあふれてますね!
私もいつか、白銀さんをあっと言わせるようなアセンを編み出してやりたいなぁ。

夢と浪漫

を求めて手を出したゲームですし!
いつかあっと言うアセンを期待してますよ!

ところでレベルアップに向いた狩場の情報を50mtで買いませんか私信。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/193-0173487d

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: