ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C21 課金機体(分かる範囲)

 無課金機体について一通り解説したら課金機体についても語れとかえらい注文が来た。
 全課金機体について書くとメモリがオーバーフローを起こすほどの量になるので、私が見聞きしたりして分かる範囲で。
 願わくば無課金者を課金の道に引きずりこめますように。

 課金機体の数は多い。多種多様なニーズに合わせるために、多種多様な機体が用意され、そしてバカスカ追加されていく。その数は無課金機体のざっと10倍。大げさでもなんでもなく。
 なので、C21を完璧に遊びつくそうと思ったらやはり課金は必須と言える。 ※多段BD機体、通称ノッポについて。
 BDパーツにはHP、EN、EN回復などが設定されているため、BDを重ねれば重ねるほど頑強な機体になる。一部の例外を除くと、BDは三段まで積み重ねることができ、これをやると機体の身長がけっこうな高さになるので、ノッポと呼ばれる。
 このノッポはいろいろなBDを重ねることで様々な機体を作ることができ、主力機体として使われることが多い。通常の機体の三機分のHPやENを持つわけだから、その頑強さは凄まじく、HP回復アイテムなど使うだけ無駄(HPに対して回復量が追いつかない) なので大抵壊れるまで敵の攻撃に耐えながら使われる。
 弱点は積んだ機体の平均になる安定値や防御、見た目の悪さなど。そして無課金者には積むBDやそれを支えるLG、BSの選択肢がほぼないこと、など。

※数字付きパーツについて
 パーツには「ゼロファイターAM」 などのように機体名と部位を組み合わせた名称がついている。このパーツの中には「~AM2」 などのように後ろに数字がついているものがある。
 これには通常パーツよりも性能がアップしている上位パーツ(ゼロファイターAM2など) や、単純に仕様が違うもの(エスエルAMはマシンガンだが、エスエルAM2は火炎放射器) などがある。いずれにしても無印と数字付きは別物ということ。
 一般的に、仕様違いパーツでも数字付きの方が性能がいいことが多い。

※Mtについて
 読み方はメタル。500円課金すると50Mtがもらえる。しかし一気に多額を課金するとボーナスが付く(5000円課金で575Mt) ので、1Mtは10円以下といえる。


・トライスター(SSサイズ 68Mt)
 デフォルトで機体カラーがピンクなので、通称ピンクの彗星。
 武装は一切できず、機体に内蔵された装備だけで戦うが、贅沢にも三種類もの装備が内蔵されている。
 メイン兵装のバルカンは単発の威力は貧弱だが、連装でかつ50連射できるという化け物装備。しかも発射速度がマシンガン並みで、時間単位の破壊力は大変に高い。しかし射程が目を覆わんばかりに短く、50セットを入れきったトライスターを見たことが無い。
 サブ兵装は両AMからビームブレードを出して回転斬りを食らわすというもので、むしろこっちがメインで使われる格闘機。空中では飛行形態に変形する上に飛行速度は大変速く、空中でサブ攻撃を繰り出すとドリル回転しながら貫通攻撃を繰り出すという、まさにピンクの彗星。
 ただし地上では群を抜いて歩行速度が遅く、SSサイズにも関わらず地上にいると火ダルマになる。HPも低く、成長率はとてもいいがレベルの低いうちは打たれ弱い。
 初期コストが低いのでミッションでも使いやすい便利機体だが、レベルアップは遅い。大変遅い。あの人の愛機。
 パーツとしては重いがEN回復がいいHDが逸品。SSサイズの割には全体的にパーツが重いので、パーツとしての利用価値は他の機体に一歩譲る。第三兵装のマインは通称花火。花火大会に用いるほかはあんまり使い道が無い。


・ミカドマックス(Mサイズ 75Mt)
 最初から45Mtのメタルスレイヤーを装備しているため、実質30Mtの機体。だったらメタスレ要らんから30Mtで販売してほしい。
 BDは軽量でEN回復に優れる高性能。AMは格闘攻撃時に少し延びるため、サブウェポンを振り回す範囲が広い。
 移動速度や防御、射撃値などが無課金のポーンジャーに劣っているが、レベルが上がるとポンジャを上回る。もともとサブウェポンで暴れまわる機体なので格闘値は素敵に高い。メタスレと合わせて愛用者が多い。あの人の愛機のベース。
 パーツとしては軽めのBDとズームするAMがよく使われている。レベルが上がると歩行速度が高めになるのでLGもMサイズ機体に流用しやすい。全体的に軽めのパーツで構成されている良機。純正でも充分に使用に耐える。


・マッハナイト(Mサイズ 78Mt)
 最初の変形ロボにして現在も人気がある高速飛行ロボ。通称マッハ。
 その飛行速度は素晴らしく、全機体中でも五指に入る。また機体性能も非常に高いレベルでバランスが取れており、射撃も格闘も極めて高いレベルでこなす。30レベルまで上げたときの格闘値はミカドマックスと並ぶほど。
 BDには高威力のボムが内蔵されており、ボス戦や固いmob相手に大活躍する。大抵のボス戦ではヘリンガルかマッハナイトが駆り出されると思っていい。
 このBDは高速のBSが内蔵されており、非常にコストが高い。このため、パーツの平均コストや飛行速度を上げたい多段BD機体では必ずといっていいほど用いられている。78Mtも払ってBDにしか用がないというのも寂しいが、残ったパーツもそこそこに性能がよく、特にAMはわりと重いが性能がとてもいいので、重量に耐えられる機体には人気が高い。
 他のパーツについては、HDはさほど優れた性能でもないが軽め。LGはそこそこに軽いものの、歩行速度が課金Mサイズ機としてはかなり低いため、これだけは微妙マークがつけられている。
 純正マッハの弱点はこのLG性能からくる歩行性能の悪さ。また余剰積載も23tと、射撃と格闘性能を存分に活かすにはやや少ない。この辺をどう切り盛りするかがマッハを使う際のポイント。
 とはいえ、機動力と攻撃力を両立しているマッハは名機といってよく、機動力も攻撃力も求めがちな初心者にはお奨めできる。レベルアップは遅めだが。
 マッハの亜種にHDとBDとをそれぞれ成長率と性能の高いマッハHD2、マッハBD2に換装したマッハナイト・ゼロがいるが、こちらはボムが高誘導の中射程ミサイルになっており、mob狩りには向いているのだが火力は大幅に弱体化している。このマッハゼロの飛行速度は全機種中トップだが、レベルアップに必要な経験点は後述のカメンティスを抜くほどで、全機種中でも五指に入るなど、使う人をかなり選ぶ機体。
 マッハとマッハゼロのどちらを使うかはお好みで。


・ガンドリル(Mサイズ 68Mt)
 LGに漢のドリルを備えた戦車型の機体。AMは無いため、手持ち武器を装備することはできない。メインウェポンはBD内蔵の二連装ハンドショット。サブウェポンはLG内蔵の漢のドリル。
 名前からも分かるとおり、サブウェポンでの突撃がガンドリルのウリで、その射程はマシンガンほどもあり、誘導性能は高く、速度はゲーム内で設定されている最速の飛行速度よりも速い。そして威力は馬鹿げており、ガンドリル実装当時は「開発陣は何を考えているんだ」 という、ガンドリルにあっさり追い抜かれた火力自慢の機体保持者たちの怨嗟の声に満ちた。
 その後ジャイアントロボの実装でガンドリルへの風当たりは弱まったが、今でも遠くからアホみたいにカッ飛んできてmobを一気に轢き殺すガンドリルは好かれているとは言えない。
 ガンドリルの性能上の特徴は何をされても怯まない安定値の高さと全機体でも最速の部類に入る歩行速度。
 武装は内蔵火器二種類。メインウェポンのハンドショットの性能はいいとは言えないが、こんなものを使うガンドリル使いは存在しない。安定性とスピードにモノを言わせて弾幕の中に突っ込んでいき、サブウェポンのドリルで敵を轢殺するのがガンドリルの戦い方。たまに突っ込みすぎてPCの処理が追いつかず、ラグに苛まれて右往左往しているガンドリルを見かけるが、これは彼らが背負った業なので生暖かく見守ろう。
 パーツとしてはやはりドリルを装備したLGが大人気。ドリルの高威力と神速の歩行速度が同時に手に入るうえに余剰積載も大きく、上に乗せるBDの選択の幅は広い。
 ただしガンドリルが誇るもうひとつの特性である安定性はガンドリルBDに依存するため、ガンドリルLGを元にアセンブルしたからといって安定性が高い機体になったりはしない。
 ガンドリルを用いたアセンブルとして最も人気があるのは、やはり神速の飛行速度を誇るマッハナイトBDを載せるものだろう。これによって神速の飛行速度と歩行速度が手に入る上に、高威力のガンドリル突撃とマッハボムをコンボで使うことができるようになる。
 ガンドリル突撃は使用後やや空中に浮くのが隙になっているが、ここでマッハボムをコンボさせることにより隙はアタックチャンスに早変わりし、なおかつ突撃→ボム→突撃…のコンボはとんでもない速度での移動を可能にする。つうか目が追いつきません。
 このガンマッハをアセンブルする際の注意点は三つ。
 まずマッハBDだけではガンLGの重量+マッハ上半身を支えきれないので、もうひとつBDを間に挟んでBSを追加(キャノボBSがちょうどいい) する必要がある。
 もう一点は、この間に挟むBDのコストが低いと内蔵ウェポンであるガンドリル突撃とマッハボムの威力が下がること。ただでさえマッハBDはガンBDよりコストが低いのでガンマッハのガンドリル突撃は純正ガンドリルより低い。亀BD(カメンティスBD) やP鉄BD(テツジンガーBD2) を挟むのが一般的だが、いずれもレベルが上がらないとドリルの威力は活かせないようだ。
 そして最後にして最大の注意点は、かっこ悪さ。これは如何ともし難い。要注意やで。


・ビクトリーキャノンN(Mサイズ 55Mt)
 ビクトリー1は設定上ではビクトリーシリーズの基本形となった旧式機で、今では一線を退いている。一線ではビクトリーBDをビクトリーBD3、BD4、BD5に換装した機体が存在する(BD2は無印BDの高性能版。成長するとミカドBD並みの性能を誇る)
 BD3を用いた機体をビクトリーキャノン。BD5を用いた機体をビクトリーキャノンL(ライフル)。そしてBD4を用いた機体をビクトリーキャノンN(ナパーム) と呼ぶ。
 BDの性能としては

 BD(酷) < BD2(良好) < BD3(優秀) < BD4 = BD5(素敵)

 となっており、しかもBD3からは内蔵ウェポン付きである。
 BD4使用のビクNは両肩に小規模の爆風を発する弾丸を放つキャノンを備えており、火力としては非常に高い。キャノンの数字的には普通の威力だが、二連装であること、爆風も二つ発生すること、爆風は連装による威力低減がないこと、を考えると、二発とも命中させた場合の威力はかなりのものになる。
 欠点を挙げるとすれば、ナパーム弾の弾速が遅めかつ、当てた相手が大きく弾かれてしまうので、続けてヒットさせるのが難しいことくらいだが、こんな欠点はどうにでもなる。EN消費が激しく、リロード時間はやや長めだが、それでも火力の高さ、面制圧の能力の高さは素晴らしい。
 だが。バット。ハウエバー。
 ビクNのBD4パーツはともかく、他のパーツは全て普通のビクトリーパーツである。普通のビクトリーパーツは課金しなくても初期シティで簡単に手に入る。つまり55MtはBD4の値段だと言える。
 せめてビクトリーLG2(8Mt) が組み込まれているならともかく、BDひとつに55Mt。
 ちなみにMサイズ最強の性能を誇るパワードテツジンガーのテツジンガーBD2は25Mtでバラ売りされており、HDが二つ載せられる唯一のBDであるエティオンBDは33Mtでバラ売りされている。
 強力な内蔵火器が付いていて性能が素敵なBDに55Mt。これを高いと思うか安いと思うかはあなた次第だ。


・カメンティス(Sサイズ 67Mt)
 眠そうな目をした全体的に丸っこいシルエットのロボ。通称亀。
 初期性能は極めて微妙で、ちょっとレベルの上がったゼロファイターという感じ。
 しかし何を隠そう、その成長率は最強の一角で、レベルが上がるたびに諸性能がアホほど伸びる。最終的な性能はほぼ全ての機体をブッ千切ってトップクラス。それに要する経験点もトップクラス。末永く遊ぶあなたにどうぞ。
 諸性能がモリモリ伸びるということは当然パーツの性能も優良で、カメンティスパーツは機体重量を軽くしたい場合にAM、多段にBDとBS、コストとEN回復を上げるためにHD、などと引く手数多。Sサイズの重量しか支えられないLGはさすがに使いづらいが、Sサイズ機を一から組むなら初期性能が高いポーンジャーLGか成長率がお化けのカメンティスLGだ。
 しかしながら、いくら高性能とはいっても内蔵火器がなく、余剰積載量も大きくは無いカメンティスは、高火力機体とは言えず、純正で使うにはやはりそれなりの腕が要求される。


・ギャラクシーデカ(Mサイズ 68Mt)
 冗談のような名前だが、非常に性能が高い良機。通称銀河刑事。
 Mサイズながら機体重量がトライスターよりも軽く、レベルアップと共に機動力が非常に高くなる。また、射撃も格闘も安定して高く、ポーンジャーのアッパーバージョンのような万能性を誇る(初期時点ではポーンジャーに劣るが、やがて追い抜く)
 もっともその点がまさに弱点で、ポーンジャーで満足している人にとってはオーバースペックでしかなく、ポーンジャーに非常に不満がある人にとっては銀河刑事も不満足になりやすい。余剰積載もMサイズとしては少々低め(ただしEN回復が爆裂しているので多少過重しても全く困らない) このため純正のデカ使いはあんまり見かけないが、パーツとしては非常に有用。


・ビッグマンテス(LLサイズ 63Mt)
 ゲーム中で最大の余剰積載量を誇るLGとBSを備え、やたらめったらに高い格闘値と射撃値を持つ超巨大ロボ。
 純正で使うのは趣味の領域だが、別に弱くはなく、そのたっぷりとした余剰積載量はいくら重い武装を持ってもびくともしない。
 パーツとしてはLGの需要が高く、いろいろなBDやAMを積み込んで小山のようなノッポ機体を支えることができる。しかも積んだBD全てにAMを付けて手持ちウェポンまで装備させるだけの余裕がある。
 ただし、速度面は劣悪なのはこのサイズの業。


・ビッグマンテスNEO(LLサイズ 68Mt)
 ほぼ全てのパーツが数字付きに変更されたマンテスの改良版。通称スネ夫(ビッグマンテスネオ、だから)
 両AMが強力な4連装ショットガンになっており、高い射撃・格闘値を持ちながら手持ち武装が持てないという寂しさはあるが、火力は充分。
 しかしながらマンテスの最大の魅力だった豊富な積載量がわずかばかりのスピードアップと引き換えに低下しており、これは果たしてパワーアップなのかと物議をかもした。
 AMの威力は非常に高いものの、片方のAMだけでポーンジャーのBDより重いという冗談のような重量があるため、パーツとして使うにはよほど余剰積載に自信がないと辛い。
 また、減ったとはいってもLGの積載量はかなり大きいので、それなりのノッポなら充分に組める。


・ビッグマンテスO(LLサイズ 68Mt)
 ビッグマンテスHDをビッグマンテスHD3に換装した機体。通称マスオ(ンテスオーだから)
 マンテスの武装能力や積載能力はそのままに、HDに超長射程で高威力のビームガンを装備した。
 ただしこのビームガンは発射まで2秒近いタイムラグがあり、消費ENも甚大。このため、他の機体にマンテスHD3をアセンブルして使うにはよほど大きなENのプールとチャージ中に殴られても耐えるだけの耐久力が必要になる。ビッグマンテスに搭載するならピッタリだが、それはただのビッグマンテスOだ。


・ガンダー(LLサイズ 65Mt)
 巨大ロボというより超巨大なAM。そしてちょこまかと高速で歩き回るという見た目も挙動も特異なロボ。あの人も持ってる。
 とにかくクセのある機体で、見た目に超目立つAMがメインウェポンもサブウェポンも内蔵しているという、AMありきな機体だが、実はLGは高いENプールを持ち、HDとBDは呆れるほど軽く、LLサイズにも関わらず移動面は高速Mサイズ並み。
 メインウェポンのビームランスはAMから攻撃判定のある光を放つというものだが、サブウェポンと間違えるほど射程が短い。というか飛ばない。光をAMから生やすだけである。また正面には攻撃判定が出ないので、敵を機体のサイドにおく必要があり、また足元はちょっとお留守で小さい敵にはなかなか当てられない。連続ヒットする攻撃なので当てれば強い。
 サブウェポンはカラテビンタ。超巨大なAMを超高速で振ってハリ倒す。正面は完全にカバーするだけの攻撃範囲を持ち、飛行系mobと空中戦になったときも旋回しながら振り回していれば簡単に叩き落せる。
 ウェポンアップグレードシステム対応で、ビームランスはレベルアップすると色が変わっていき、範囲と威力が拡大。カラテビンタは振る回数と攻撃範囲が拡大する。
 弱点はHPの低さで、スピードと攻撃力を両立したはいいものの、初期HPはビクトリー1よりも低く、防御力もあまり高くない。内蔵武装はどうやっても接近戦でしか使えないため、殴られないように殴るという高度な技術を要求される。
 このため、純正として使うよりもパーツとして使う方が人気がある機体だが、射撃値と格闘値が劣悪(というか酷い) なので、パーツとして組み込むと機体の射撃・格闘が大幅に悪化するというトラップがある。
 コストはそこそこなので、ガンダーパーツを組み込む機体は内蔵ウェポンで戦うことになる。豊富にパーツを持っていないとガンダーAM頼りの機体になるが、別にそれはそれで困らないほどガンダーAMは優秀。重いけど。


・メカジェッター(Mサイズ 68Mt)
 初期性能は課金機体としては哀れ。ただし成長率は高く、育ちきると初期の哀れさをちょうど相殺して普通の課金Mサイズくらいの性能になる。
 初期段階では射撃も格闘もビクトリー1程度の性能で大した武装もできないため、貧弱なボウヤかと思いきや、LGにジェットアタックという突撃体当たり攻撃が内蔵されている。そしてメカジェッターはとにかくこれを当てるために生き、これを当てるために死ぬので諸性能はどうでもいいとすら言える。
 射撃はジェットアタックの間合いに入るまで敵を牽制するために適当に撃ち(弱めの武器がいい。ジェットアタックに入る前に殺してしまっては本末転倒)、敵の反撃をトロい足で適当にかわし(かわせないが。これもジェットアタックに恨みのパワーを乗せるためだと思えば快感ですらある)、そしてジェットアタックでスカッととどめを刺す。それがメカジェッター。
 ジェットアタックの威力は単発だとビームブレードよりも低いが、ほぼ必ず複数ヒットするため、かなりの威力になる。遅い飛行速度(レベルが上がると早くなってしまうが) もジェットアタックの狙いを付けるためにはちょうどいい。
 パーツとしてはやはりLGが人気。ジェットアタックの移動距離は速度に依存し、攻撃範囲はBDのサイズに依存するので、高速でデカい機体で放つとえも言われぬ制圧感がある。ちなみにメカジェッターLGは30Mtでバラ売りされているので、他のパーツが要らん方はそちらをどうぞ。
 あとはBDがそこそこの性能。初期性能はポイン機かと思うほどだが、成長すると全カテゴリが万遍なく高くなるため、なかなか優秀。
 ガンドリルと若干キャラがかぶっている感があるが、あちらの方が申し分なく強いので心配しなくてもいい。

« アセンブルアセンブル|Top|ぼくのなつやすみ »

コメント

あの人、いくら課金してるんでしょうね。

あの人って3回出てきた。

まだ諭吉には手をつけてません。ちょっと休憩。

さあこれを見たみんなもやろうぜ。課金もしようぜ。

いつも楽しみに見させてもらってます無課金者のウーです。
いやはやとても参考になります。課金機体、魅力的ですね。ドリルとか。

まあ、あの人に勧められても、私はこれからも無課金機体で漢浪漫を貫いていくつもりですよ。

れす

> SIRさん

私の把握しているところではおよそうわおいなにをするやめr


> 黒猫さん

26日のアップデートが危ないと見ていますよ。


> ウーさん

無課金でもやれますよ!
どんとこいだ。
強さだけが楽しさじゃないぜ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/191-d312ac12

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。