ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

WindowsRT8.1機来たよ - Surface2 - その2


 Surface2の使用感というのはTouch/TypeCoverを付けて使っているとほとんどノートパソコンだが、外してタッチオンリーで使うこともできる。
 その際の使用感は独特で、AndroidやiOSとは全く異なる。チャーム機能を使った画面分割やタスク切り替え、ホーム画面のカスタムなどはWindowsRT8.1(あるいはWindows8.1) の独自機能で、使いこなすと他のモバイルOSではできないことがいろいろとできる。もっとも、その分複雑で操作の手間も多く、初心者にはお勧めできない。残念ながら最初は誰もが初心者なので、今のところは万人にお勧めするのは難しいOSとなっている。「俺はこれを使うんだ!」 という強い気持ちがあるならば止めはしないが。

 結局のところ、ノートパソコンライクにWindowsっぽい使い方をするのが一番しっくりくるというのが現実で、そういう意味でもTouch/TypeCoverを一緒に購入することをお勧めしたい。もちろん一緒に購入すれば普通のノートパソコンが購入できる価格になってしまうけどな!
 ではTouchとTypeのどちらがいいかという話だが、キーボードでありカバーでもあるというコンセプト的にTouchCoverを使いたくなるものの、ここはTypeをお勧めしたい。TouchもTypeもファンクションキーが独立しておらず、Fnキーを押しながら特定キーを押すことでファンクションキーを使うことになる。この「Aを押しながらB」 という操作がTouchだと非常にやりづらいというか、押下感がないので、押せているかどうかが分からないため。

 Surface2の価格面に少し触れたが、基本的にSurface2はCoverと合わせて使った方が便利なため、これを合わせて買うと安いノートパソコンくらいの価格にはなる。OSとしての利便性は普通にWindows搭載のノートパソコンの方が良いため、Surface2を買う意味とはどの辺にあるのか。

 まずSurface2はタブレットにCoverを付けたスタイルが基本。そのため質量は軽い。本体が680g弱でTypeCover2が250gくらいなので、合わせて900g台。これはノートパソコンとして見た場合、かなり軽い。また解像度もフルHDであり、Coverを合わせて購入したとして価格は32G版を定価で買って58000円弱というところ。
 実際これより低価格でWindows8を搭載したタブレットパソコンを購入することはできるが、解像度が大幅に劣っていたりキーボードが無かったりそもそもサイズが小さくてWindowsをこのディスプレイサイズで使うんですか? だったりと帯に短し襷に長し、というのが現状。Surface2は価格面で見るとなかなか優秀だと言える。
 また筐体もマグネシウム合金で剛性があり、質感も高い。もっともこれは重量増に繋がっているので、プラでもいいから軽くしろ派の人にはウケが悪そうである。

 Surface2の大きな弱点がアプリ面の貧弱さ。Windowsと銘打ってはいるものの、巷にあふれるフリーソフトをインストールすることはできない。プリインストールされているストアアプリからARM対応のアプリしかインストールすることができず、アプリの数は多くはない(最大限に擁護した表現) またOfficeがプリインストールされているものの、Excelのマクロを使うことができない。
 また32G版のSurface2の場合、システムに食われて実際の空き容量は20G前後になる。
131109-DSC_1708_R.jpg

 これを多いと思うか少ないと思うかは個人次第だがって少ないよなやっぱりな。
 ただ、Officeなどのデフォルトセーブ先がSkyDriveになっているため、基本的にはクラウドストレージをデータストレージとして用いる。Surface2を購入時にSkyDriveを200G分2年間使える権利が付いてくるので、データ増大によるストレージの逼迫はあまり気にしなくていい気がする。クラウドストレージは他の端末からでもアクセスできて便利。

 あとは実際に使ってみた感想だが、処理速度面での不満はほとんどない。艦これなどの重たいFLASHゲームをプレイするとそれなりに動作が重いが、遊べなくはない。画面分割して2アプリ同時に動かしてみても特に動作面で不満はなく、できないことが許容できる範囲でしか使わないならコストパフォーマンスは高い。要するにパソコンでやることがネットにTwitterにWordやExcelでテキストを少々、みたいな使い方をするなら十分すぎる。Windowsと同様にエクスプローラが使えるので、自宅のサーバに置いたファイルへのアクセスも楽にできる。この辺はiOSなどに比べて大きなアドバンテージ。動画もフルHDで閲覧できて上々と、エンタメに作業にとなかなかの活躍ぶり。

 はっきり言えば、Surface2とノートパソコンがある場合、ノートを使っていればSurface2の出番はない。逆にSurface2を使っているとノートの存在を忘れる。それくらいにできることが似通っているため、Surface2をサブ機に持ってくるならメイン機はデスクトップがよさげである。

 ちなみにこのエントリはSurface2で書いているが、前回のエントリはVAIO DUO11で書いていた。似たようなサイズのメカが二台あっても用途食い合ってしょうがないな本当に(自業自得)

« 今年はちょっと懐かしいキーワードを動かしつつうっかりまたまた続き|Top|WindowsRT8.1機来たよ - Surface2 - その1 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/1036-5637f6e0

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: