ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

WindowsRT8.1機来たよ - Surface2 - その1


 あらかじめ言っておく。
 Surface2は「安いWindowsマシンが欲しいなぁ」 という人が手を出すべき製品ではない。Windows RTというOSはいわゆる「普通のWindows」 とは似て非なるOSであり、一見似たようなことはできるが、別のOSである。
 ただし、ノートパソコンを買ってやることと言ったらネットと動画とtwitterと、あとちょこちょこWordとExcelで簡単な作業できればいいかなーって人にはお手頃価格な製品としてお勧めできる。
 もっとも、すでにSurface2よりも低価格な「普通の」 Windowsを搭載したタブレット型パソコンも発売されているため、価格的な優位はほとんどなくなっている。
 では、何が良いのか。… 良いところってあるのか?
 なんて話をつらつらやっていく。
 今回は外観まで。

131109-DSC_1695_R.jpg


 まず本体と一緒に買ったのはこれ。
131109-DSC_1696_R.jpg

 みんなこのTypeCoverを購入しているので、天邪鬼にTouchCoverを買おうかと思ったが、とあの理由でこちらにした。理由についてはその2で説明したい。なお、どこを探しても在庫が全然無かったため、秋葉原→神田→秋葉原とさ迷い歩いてやっと購入。
 本体は秋葉原と神田の中間地点くらいにある店で安いところを探して買ったものの、まさかTypeCoverのためにあの辺を延々と歩き回る羽目になるとは思わなかった。


 本体の箱を開ける。
131109-DSC_1697_R.jpg

 まぁよくあるやつ。

 本体はスタンドが付いているのでこのように自立する。
131109-DSC_1700_R.jpg

 このスタンドは二段階調節できるから見やすい角度で使おうぜ!
 とはいえ、実際片方の角度しか使わん。この画像のような角度で使えるシーンは思いつかない。どんだけ座高低い人用だよ。

 裏面。
131109-DSC_1701_R.jpg

 裏面の下半分がべったりスタンドなので安定性は高い。
 が、置く場所がごちゃごちゃしていたりコードがのたくっていると、スタンドがそれらを踏んでしまってガタガタすることは請け合い。こういうのも善し悪しだが、多少アーチ状の窪みを作っても良かったのでは。

 右側面。
131109-DSC_1702_R.jpg

 左から順にスピーカ穴、microUSBポート、USBポート、充電端子。USBは3.0対応だが、USBストレージや光学メディアが使えるわけではないので、今のところUSBメモリ専用。なおスタンドの下にmicroSDポートもある。

 左側面。
 131109-DSC_1705_R.jpg

 左から順にスタンドを引き起こす時に指を突ッ込む窪み、ボリュームボタン、イヤホンジャック、スピーカ穴。

 底面。
 131109-DSC_1704_R.jpg

 Touch/TypeCoverをはじめとする周辺機器を接続するための部位なので特に何もなし。それら用の端子があるくらい。

 本体上部。
131109-DSC_1706_R.jpg

 中央にセンサーとカメラレンズが見える。分かりにくいが、右の方に電源ボタンもある。

 以上のように、外観は一般的なタブレットに近い。が、Surfaceといえばこれだ。
 (ぺけぱかぽこーん)with TypeCover~!
131109-DSC_1707_R.jpg

 このスタイルだとまるでノートパソコンのようだ。
 そして実際ノートパソコンのように使う。
 タブレットとして推されているSurfaceだが、キーボードなしでタブレットとして使おうとすると、その使い勝手はAndoidやiOSを搭載したタブレットには及ばない。機能云々ではなく、タッチインターフェースとしての使いやすさで及んでいない。
 逆にノートパソコンの変形だと割り切ってキーボードをくっつけると、使い勝手はノートパソコンとほとんど変わらず、持ち運びは軽くてバッテリももつために機動力が高く、こいつはお手軽だと喜びを感じる。
 具体的な性能やら良い点悪い点やらのレビューについてはまた次回。

« WindowsRT8.1機来たよ - Surface2 - その2|Top|今年はちょっと懐かしいキーワードを動かしつつうっかりまた続き »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/1035-d6b59920

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: