ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

最近の手持ちガジェ事情


 書くことないなぁと放置してたら止まりまくった。

 広告が出ずっぱりなのも見栄えが悪いので適当に最近の手持ちガジェット事情でも書く。

 手持ちガジェットだと、XperiaZは現状特に不満無し。
 使用時のバッテリの蒸発具合がアレだが、仕事柄充電環境から離れる状況はあまりないし、スリープ時のバッテリはあまり減らない。
 いろいろ使ってきたせいか、多少の不具合や不満足には「これはこういうものである」 と不感症になっている気もするので、XperiaZが完璧機であると言うつもりはない。

 SHT21は相変わらずメイン機として活躍しており、そのバッテリの息の長さが大変頼れる奴だが、自前の高感度タッチパネルの挙動が若干不自然だと感じる。何をやっても反応するのはともかく、過敏すぎて思ったのと違う挙動をするシーンが多い。たとえば大きくフリックしたときなど、画面から指が離れた直後の指の返しの動きを拾い(画面から指が少し離れていても感知する)、逆方向に動いたりするなど。この過敏さが仇になるのが水滴で、特に風呂場や雨中で画面が濡れた状態での操作は困難を極める。
 タッチパネルの挙動はXperiaZの方がずっと自然。というか画面が濡れていても普段通り操作できるXperiaZがすごいのかもしれない。おかげで最近風呂が長引いて困る(自業自得)

 この二機種を使用していて感じるのがauLTEの神っぷり。あまりスピードテストなどやらないので実測どれくらい出ているか知らないが、とりあえず電子書籍を購入したときなど重たいダウンロードでもざくっと終わる勢い。ネットも非常に快適で、体感では自宅でWifi接続して使っているときと大差ない。しかもどこでも繋がる。東京メトロの東西線を使用していた時は地下でも平気で繋がっていた。iPhoneのauLTEはソフトバンクより若干エリアが狭いとのことで苦労しているらしいが、生活圏内にも拠るだろうが、自分の環境ではAndroidを使う上でXiなど相手にならない勢い。ただし局所的に3Gに落ちるスポットにたまに出くわすと、その落差は厳しい。

 Xiも別に悪くはないのだが、ビルの奥深くや地下などではまだFOMAに落ちやすい。まぁFOMAで繋がるだけ幸運とも言える。auは3Gに落ちたらかなり厳しい。ソフトバンクなど地下ではAXGPは繋がらないと聞いている。iPhoneのLTEエリアはエリアマップを見る限りauもソフトバンクも五十歩百歩というか目くそ鼻くそなので、モバイルで高速回線を使いたいならauLTEをAndroidで使うかXiの二択という状況はしばらく続くのではなかろうか。ソフバンの高速回線とか先の予定がかなりお花畑だし。

 あと今後入手を考えているガジェットは10インチ級でXperiaTabletZかNexus10、あるいはSurfaceRT辺り。価格が下がったら考えよう。と言っている間に第二世代Nexus7とかSurfaceの話が聞こえてきているが。
 スマホでは6.44インチと言われているXperiaにちょっと期待。Xperiaだからというより6.4インチというサイズに期待している。かつて5.3インチのGalaxyNoteを入手したときは手持ちのガジェットをすべてまとめて葬り去るだけの利便性があった。この5~7インチのサイズには夢がいっぱい。

« なぜか10インチタブに悩む|Top|Xperia ZとかSoCとか »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/1022-9b001d96

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: