ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

流れでVAIO注文


 16日のSurfaceプリオーダー画面で日本という選択肢が無いと判断した瞬間に他の選択肢を探していたのだが、そのとき国内でWindows8の発売に合わせて登場する端末はパナソニックのLet's NoteとソニーのVAIO Duoだけ。なのでVAIOはエントリー登録しておいた。
 そして19日、VAIO Duoを発注。直後にASUSやNECの国内向け端末が発表されて切歯扼腕するが、VAIOが自宅に届くのが11/3となるらしいので、それまで状況を見て、他がよさげならVAIOの注文を取り消せばよいのだ。

 Windows8機を導入するにあたって必須としたのがタッチパネルの有無。Windows8のModernUIはタッチ前提の作りになっているため、タッチパネルは必須。もちろんクラシック環境で使うならタッチパネルは不要だが、だったらWindows7を使い続けても問題ない。新しいものを導入したらそれに体を慣らすのが当たり前の儀式だと考えているので、ここは譲れない。
 もちろん画面にタッチするという行為が良いものかどうかというのは別とする。というか悪いに決まってんだろ。目で見る部分をベッタベタ指で触って隠した挙句に皮脂まみれにすんだから。直感的という言葉は好きではないが、敢えて使うとしてもマウスカーソルの方が分かり易いしスマートだ。だがModernUIに多用するフリック操作は、マウスだと左ボタンをホールドしたまま一定距離ドラッグして離す、という一手間多い操作。タッチなら指で払うだけ。まぁこれはタッチパネル機使うしかないよね。

 タッチパネル前提ということで、発表されているWin8機はタブレット型としても使えるものが多い。タイプ分けするならディスプレイ部とキーボードが分離するASUSのTransformer型、ディスプレイ部がくるりとキーボードの裏まで360度回ってタブレットになる型、タブレット形態から画面がスライドして起き上がるASUSのSlider型、ノートのディスレプイをぱたんと閉じると天板がディスプレイに! などのような変態型の4種類といったところ。
 パナのLet's Noteはキーボードの裏にディスプレイが回るタイプ。このタイプはディスプレイとして使っているとき、背面がむき出しのキーボードになっているわけで、キーボードに触れたらどういう操作になるのかが分からないのと、そもそもむき出しのキーボードを底面にしてその辺に置きたくないのでパス。
 分離するTransformer型はASUSはもちろん富士通やレノボも採用してきたが、どれにしろTransformerの派生にしか見えないのはともかくとして、タブレットとなるディスプレイ部にほとんどの機能が詰まっているため、タブレットとしては軽く使えてもキーボードと接続すると、後ろに倒れないようキーボードに重りとなるバッテリをぶっ込むことになるので、全体としての重量は増える。
 ソニーのVAIO DuoはSlider型で、タブレットとして使うときは画面を倒し、ノートとして使うときは画面を起こす。360度回転タイプと違ってメカニカルな部分がむき出しになったりはしないのがいいが、今度は代わりにディスプレイが常にむき出しでノート時も画面角度は固定。
 変態機についてはまぁいろいろあるが、現状ではタブレットにシート状の感圧キーボードをマグネットでくっつけるSurfaceは変態機に入れてよかろうし、ディスプレイ部が裏表面ともに表示域になっているASUS TAICHIなどは変態機の最たるものだろう。おっとSurfaceはしばらく来ないんだった。自分の中では購入最有力候補だったのに。

 VAIOを選んだのは、単純に今までこういうタイプのパソコンを持っていなかったから。スライダー型であるというのもそうだし、デジタイザとしてもある程度使えるというのは大きい。またソニーらしくカスタマイズの幅が大きく、この種のULTRA BOOKにしてはRAM8Gの選択肢がある。
 CPUについてはCore i5にするかi7にするか最後まで悩んだが、i7にした。SSDは2万5千円という格差を乗り越えて128Gを256Gにグレードアップ。もちろんお値段は跳ね上がった。なぜこんな無茶をしたのか。それは今使っているデスクトップ機(Core i7 860のRAM8G) を相方に譲り渡すためである。つまりデスクトップ機の差し替えを求めていたので、CPUやRAMやSSDの容量にこだわったわけである。デスクトップをULTRA BOOKで代替とかほんと無茶だし、それがソニーの初物でしかも変態チックにいろいろな機能を詰め込んでいておまけにOSまで初物とか、自分でもほぼ自殺願望としか思えないが、あとから発表されたASUSのVivoTab TF810C がAtom機だったので「これでいいんだ」 と自分に言い聞かせているところ。10万違うけど。うげぇ。

 ただ、このリプレースに備えてNASを導入しているし外付けHDDもあるし、モニタは今までの24インチをHDMIで接続すればいいしキーボードもマウスもBluetooth対応のものがあるし、それこそ家の中では単なる母艦として使えるだけでもいいので、ある程度冒険とはいえ保険をかけた冒険ではある。だったらもっとヘボい機種が出るのを待っていても良かったんじゃないかという意見には耳を塞ぎたい。ほ、ほら、モバイルとしても使えるし!増槽バッテリとあわせて1.5kgくらいになるけど。うげぇ。

 もちろん通常のノートスタイルでディスプレイだけタッチパネル対応となったおとなしいモデルも出るので、諸兄にはそういう選択肢もあるということだけは伝えたい。そんな普通の形のノートがタッチパネルで使い易いかというと、タッチするたびに画面が後ろに押されてグラグラしそうな気がするが(たぶん慣れればなんてことない。ASUSのZEN BOOKシリーズとか快適に使えそう)

 あとは買う時期が今でなくともいいなら、来年の半ばにはHaswellアーキテクチャを採用したパソコン、分かり易く言うともっと薄くて軽いパソコンが出てくるだろうし、Windows8に最適なパソコンの形というのももっと出揃う気がする。

« 今年はちょっと懐かしいキーワードを入れつつうっかり続き|Top|Surfaceが… »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://silverwolf5218.blog55.fc2.com/tb.php/1005-c825ed3b

まとめ【流れでVAIO注文】

 16日のSurfaceプリオーダー画面で日本という選択肢が無いと判断した瞬間に他の選択肢を探していたのだが

まとめ【流れでVAIO注文】

 16日のSurfaceプリオーダー画面で日本という選択肢が無いと判断した瞬間に他の選択肢を探していたのだが

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: