ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間に


 桜が散った。
 何を言っているのかわからねーと思(AA略

 そんな春うららかなある日の夜、我が家唯一のデスクトップ機が意識不明となった。
 電源を入れてもブンブンファンが回るだけで立ち上がらない。
 掃除機のノズルを突っ込んでヒートシンクからHDD裏までみっちり掃除をしても立ち上がらない。

 さて。

 電源入れる→ファンが回る→ファンが落ち着いてきた頃にBIOSが起動する→OSが立ち上がる。

 これが標準の動作だが、どうもBIOSが起動するところまでいかない。
 もしやマザボか。コンデンサがもっこりしてないか。これを手早く感知するには。

 嗅ぐ。

 スンスン鼻を鳴らしてマザボの辺りを嗅いでみる。液漏れしていたら一発で分かる。
 判決、無罪。

 そもそもコンデンサがお漏らししていたらケースひっぱがした瞬間にだいたい分かる。明確な臭気というほどではないが、「あぁ、ヤったな…」 くらいの勢いでなんとなく漂ってくるものだ。

 では何が原因か。マザボに原因があるとすると、液漏れ以外の故障個所を突き止めるのは面倒くさい。だいたいPCが立ち上がらなくなる三大原因は電源故障、コンデンサのお漏らし、接触不良だ。たぶん。今回はお漏らしではなさそうだし電源も正常に稼働している。じゃあ接触不良も疑ってみよう。とりあえずお手軽にRAMを抜き差し。まさかこんなもんで立ち直ったりはしないだろうが、こういうのは原因をひとつひとつ潰していくのが大事って普通に立ち上がったじゃねぇかこのやろうふざけんな。

 判決。メモリの接触不良。なんのための固定ピンだまったくもう。
スポンサーサイト

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。