ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は

 2月31日ですね?

 どっこい生きてると言いたいところだけど見事に二月更新無しを達成した。
 ネタが無かった、と言いたいところだが、実はXperia Z Ultraのwii版を購入しており、単なる怠慢である。

 いやーZ Ultraいいですわ。
 サイズ感が絶妙。6.4インチという点に価値があり、その他は他の機種より抜きんでたところは一切無いので、「サイズが性能」 と言い切るSONYの売り文句は癪に障るほど実態を正確に突いている。
 まさにこのサイズこそが本機の性能であり、存在価値であり、コンセプト。
 「7インチはまだデカい。片手で楽に掴める範囲で最大を目指す」 というコンセプトはミドルサイズを追い求めるマイハートを甘やかに蕩かした。
 スマホゲームをやるにしろ、電子書籍を楽しむにしろ、ネットブラウズするにしろ、このサイズは完全なる正義。ブラボーのを送る以外にはない。
 現時点でサイズ感についての感想は満点に近い。

 ただし、不満が無いとは言わない。現状の満足度は相当に高いという前提のもと、以下に不満点を連ねる。

 まず、ミドルサイズタブレットに要求される性能として完璧に不足してるのがバッテリ。7インチのSHT21のバッテリがアホほどもっていたのに比べると、明らかに消耗が早い。
 何もせずに放置している時の消耗は極めて少ないので、「使っていると激減り」 という印象が拭えない(まぁこれはXperia Zからシリーズずっとそうだ) SHT21に比べると、バッテリ容量は大差ない(SHT21:3360mAh  Z Ultra:3000mAh) が、解像度に差がある(SHT21:1280×720  Z Ultra:1920×1080) のが大きい。のかもしれない。
 またスマホとして使うなら6.4インチは、取り回しに若干大きいかなという気がする。6インチのG Flexのサイズ感は良かったので、後継機があるとすれば6~6.2インチで作ってみてほしいところ。
 そしてカメラはかなり貧相。撮影に適した好条件のもとで撮影した場合、同じミドルサイズ機としてGalaxyNote3などと撮り比べてみると、その絵作りにはかなりの差がある。GNpte3の絵作りが高レベルだというのはあるが、それにしたってZ Ultraの絵作りは貧相。ただ一点弁護しておくと、Z Ultraのカメラは適当に撮影した場合、手ブレにかなり強い。GNote3のカメラは手ブレに極めて弱く、「歩きながらパシャ」「撮りたいものを見つけたらポッケから取り出して素早くパシャ」などという使い方をすると百発百中でブレてしまう。じっくり態勢をキめるか、あるいは固定した状態で撮影するなら非常に綺麗なのだが、これをやるならデジカメ持ち歩いた方がいいので、GNote3のカメラの存在意義にはけっこう悩む。綺麗な絵作りをするために要不要を削ぎ落としたらこうなった、というのは分からなくもないが、スマホカメラ用途に多いはずの「適当にパシャする」 を削いだのはトチ狂っている。この一点でZ Ultraのカメラを支持する。絵作りはヘボだが、ブレるよりゃマシだ。そのつもりがないのにブレたら台無しだ。

 あと一点。Wifi版のZ Ultraにはタスクボタンからの履歴一括削除ができない。au版にはあるのに。まぁこれはその辺から一括削除を追加する野良アプリを拾ってこられたりするけど。


 まぁなんにせよ、時代は6インチ台ですよ奥さん。
 もう7インチに戻る気はしない。10インチなんて据え置き機だ。

スポンサーサイト

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。