ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

6.44インチ機は期待大


 きっちり艦これパズドラに引っかかってブログ忘れた。

 艦これで大破した艦の修理時間にパズドラやってるとかね。いやまぁ、パズドラ自体は数か月前からやってるけど。ヴァルキリー可愛いです。霧島さんは天使です。

 次に買うデバイスがなかなか姿が見えず、小康状態というのもある。

 Surface RTの次世代が8インチ級という噂がまずひとつ。
 もしこれが本当なら可搬Windowsとしては面白いのではないか。現行のSurface RTはSoCのパワー不足を感じるので、次世代が積むと言われているTegra4世代のSoCには期待。いずれにしろ先の話。

 Surface Proの方は非常に魅力的だが、現行のバッテリもちがネック。今使っているVAIO DUOは追加バッテリで公称14時間がポイントで、可搬デバイスとしてはバッテリ大事超大事。次世代Surface ProはHaswellを搭載してバッテリもちがよくなるはずなので、そこに期待している。いずれにしろ先の話。

 スマホで注目しているのはXperia Z Ultra。ガジェットをいろいろ使ってきて、持ち歩きガジェットとして大事なのは解像度よりもサイズだと数字ではなく魂で理解したが、現状最高峰として認識しているSHT21の7インチ280gというラインはスマホとしては大きく、やはりタブレットとして分類せざるを得ない。ちなみに両者を分けるのは胸ポケに入るかどうかである。SHT21はジャケットの内ポケには入るが、シャツの胸ポケには入らないのだ。
 かと言って今使っているXperia Zの5インチは、漫画など絵情報を見るにはまだ小さい。やはり視覚情報を過不足なく閲覧するには7インチ級のサイズは必要だ(iPad miniではもうデカすぎる)
 こうした要素の妥協点から、6インチ級の登場を待望していたところにZ Ultraが登場した。これはもう買って使ってみるしかあるまい。5インチのスマホも7インチのタブレットもカバーできずに爆死するのか、両方を兼ね備えたスマートデバイスとなるのかは未知数だが、期待はデカい。

 が、このZ Ultraが国内では出ないという可能性が微レ存。いやいやいや出るって出るに違いないって、と脂汗を流していたら、docomoが秋モデルを出さない宣言。あ、死んだ。今死んだよマイプラン。だって夏中に出るもんね、グローバル版のZ Ultra。
 そうやって口から煙を噴いていたら、auから出るという噂も…?
 だが、auから出てもなぁ… いや通信品質を考えたら、800MHz帯のauLTEが使えるauが現状のキャリア中ではダントツなのは間違いないのだが、今手持ちのauのSIMはSHT21のSIMだけ。通話はdocomoのSIMである。通話をdocomoから他キャリア移すのは通話SIMにぶら下がっているタブレットSIMなどの維持費上、できないので、ZとZ Ultra二台持ちとかいうわけの分からない状況に。今持ち歩いているZとSHT21をZ Ultra一台に集約できるから美味しいのであって、それができないなら現状維持かなぁ。
 グローバル版のZ UltraはFelicaが無いので即却下(国内版は… あるよね?)
 GalaxyNote3が6インチ級ならそっちにするのだが(6インチ機が欲しいのであってXperiaに拘りがあるわけではない)

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: