ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android機きたよ - SO-03E Xperia Tablet Z その1 -

 オレたちガジェット好きはな! そこら辺の家電売り場や、Twitter上で、「欲しい」「買いたい」って、欲望垂れ流してガジェクラ内で背中を押しあっているような購入予備軍どもとはわけが違うんだからな。

 「コレイイ」と心の中で思ったならッ!
 その時スデに購入は終わっているんだッ!


 そんなわけで、家で使う10インチタブが欲しければ買えばいいじゃない! そして買うなら…

 130423-DSC_0105_R.jpg

 やっぱXperiaでしょ!

 いや別にそんなXperia推しでもないんだけど。決め手は薄い軽いそしてSIMが余ってる。これに尽きる。
 早速開封。

130423-DSC_0106_R.jpg

 … この、箱を空けたらすぐモノと対面というのはAppleが作った文化なんだろうか。個人的にはコレ嫌い。うっかり箱の上に物落としたら終わる感がなんとも。

 中身展開。

130423-DSC_0107_R.jpg

 一番上の長いのはクレードル。そしてクレードルの足にイヤホン、説明書やら保証書やら。端末買うたびにイヤホン増えていくよ。

 もうひとつXperia Tabletにしたかった理由がコレ。

130423-DSC_0109_R.jpg

 VAIO DUO 11、XperiaZと並べて3ショット。

 うおぉ、Sony信者みたいだ。一応特定のメーカ贔屓ではないつもりだが。嫌いなメーカはあるけど。
 
 使い勝手とかはまた追って。
 とりあえず高解像度なディスプレイは綺麗。
 タッチ認識には非常に癖がある。ひと昔前のAndroid機みたい。
 他のタブレットのようにしゅっと払ってフリックするとタッチと認識しやすく、誤タップが頻発する。指をつけたらぐいっとフリックというかスワイプさせ、スクロール終了点でスッと真上に抜く感じで思い通りの操作になる印象。


スポンサーサイト

なぜか10インチタブに悩む


 MEDIAS Wがついに発売されたというのに既に購入欲は磨滅済み。
 サムスン版WなGalaxy Qもイマイチかなーという感じ。

 原因はXperiaZにある。
 XperiaZは5インチフルHD。この端末で電子書籍(漫画)を読んでいて痛感したことは「解像度よりもサイズ重要」 に尽きる。
 同じ書籍でも、解像度に劣る7インチのSHT21で見た方が遥かに読みやすい。文字ベースの書籍ならばアプリが画面サイズに合うように調整してくれるのだが、それにしたってページめくりが頻繁になるし、漫画(特に自炊) になるとサイズはより重要になる。
 ぶっちゃけ描き込みが多く、線の多いマンガを自推して画像ファイルとして読むと、XperiaZの5インチでも拡大して見ないとセリフが読めなかったりする。老眼か。そうかもしれんけど、だったらより一層自分に必要なのは解像度よりもサイズというわけだ。

 というわけで、最近気になるのは自宅でのんびり動画や電子書籍を楽しむ用に大画面タブレット。手に持つことを考えると10インチ600gくらいが限度(VAIO DUOもあるが、1kgオーバーはさすがにしんどい)
 iPad3rdもあるのだが、こいつはコンテンツ消費にはおよそ不向き。自宅のNASに溜めてある動画や画像にアクセスしにいくというところがまず難しく、再生できるフォーマットは限られており、気軽にコンテンツを楽しもうとすると苛々することこの上ない。何かをしているときにちょっと思い立ってアレコレ、というのもiOSの制限で気が狂わんばかりの迂遠な操作を要求されたりする。従ってiOS機は却下。こんな不便な道具、何に使えばいいんだ。ブラウズ専用機かな。でもブラウジング中にもTwitterやら何やらしたいし… と考えたらますますクズメカ。ぶっちゃけiPadはパソコンをがっつり使ってきた人が触ると精神的に死ぬ気がしてる。
 で、なんやかんやで候補を絞ってみた。

・Surface RT
 WindowsRTを積んだニクい奴。タッチカバーかタイプカバーが無いと旨みが感じられないのでお高くつくのが困りものだ。オマケのOfficeがイカしてるけどマクロは使えない。
 画面を2ペインで使えるがTegra3の性能限界的にあまり重い作業はしんどいとのこと。目下の悩みはアプリストアの品ぞろえの少なさと、そもそもWindowsRTの行き先が不透明すぎること。
 筐体は素晴らしいだけに、先があるなら次世代のCPUが出たあたりで再検討した方がよいかも。Tegra4になるのかBayTrailなAtomになるのかはともかく。


・Nexus10
 超解像度でサイズも大きいのでコンテンツ消費には最適。のはず。価格は16Gで35000円以下なので破格。ただmicroSDを挿せないので容量面やら大量のデータ移動に不安が… まぁNASのデータを再生できればいいからいいか。データをタブレットに移動させるときはAirDroid使えばいいし。このアプリiOSにあればなぁ… 無線LANがこれだけ普及したご時世にiTune経由とか勘弁してほしい。
 Nexus10の欠点はとりあえず無いけど、強いて言うなら容量面。大量のデータを詰め込んで持ち歩くときに外部ストレージが無いのはやっぱりちょっと不安。あと超解像度に対してスペックが不足していると言われており、次世代機の噂もある。まぁ次世代機や改良機の噂はどのタブレットも同じだけど。


・Xperia Tablet Z
 SH-09DのSIMが塩漬けになっているので、XTZと言いつつ買うならSO-03Eかな。白ロム辺りで。
 とすれば外出時も自力で通信できるのが強みになる。さらに防水なので風呂場でも使える。ああますます長風呂に。解像度はWUXGAだし重量は500g切ってるし、外部ストレージは使えるし、Androidだからパソコンと同じアカウントで何もかも同期できるし(これはNexus10も)、理想のタブレットじゃね? スペック面もさほど心配ないし。
 Nexus10に劣るのは解像度とOSのバージョン。まぁ4.2にはなるからあまり問題視はしてない。なんだったらroot取ってカスROM入れちまえばいいし。
 また自宅の端末がVAIO DUOでスマホはXperiaZなので、タブレットもZで揃えたい欲が無いとは言わない。
 問題はこれもすでに次世代機の噂(Snapdragon800仕様とか) があることか。


 なんてことを妄想しつつ悩む日々。


 

最近の手持ちガジェ事情


 書くことないなぁと放置してたら止まりまくった。

 広告が出ずっぱりなのも見栄えが悪いので適当に最近の手持ちガジェット事情でも書く。

 手持ちガジェットだと、XperiaZは現状特に不満無し。
 使用時のバッテリの蒸発具合がアレだが、仕事柄充電環境から離れる状況はあまりないし、スリープ時のバッテリはあまり減らない。
 いろいろ使ってきたせいか、多少の不具合や不満足には「これはこういうものである」 と不感症になっている気もするので、XperiaZが完璧機であると言うつもりはない。

 SHT21は相変わらずメイン機として活躍しており、そのバッテリの息の長さが大変頼れる奴だが、自前の高感度タッチパネルの挙動が若干不自然だと感じる。何をやっても反応するのはともかく、過敏すぎて思ったのと違う挙動をするシーンが多い。たとえば大きくフリックしたときなど、画面から指が離れた直後の指の返しの動きを拾い(画面から指が少し離れていても感知する)、逆方向に動いたりするなど。この過敏さが仇になるのが水滴で、特に風呂場や雨中で画面が濡れた状態での操作は困難を極める。
 タッチパネルの挙動はXperiaZの方がずっと自然。というか画面が濡れていても普段通り操作できるXperiaZがすごいのかもしれない。おかげで最近風呂が長引いて困る(自業自得)

 この二機種を使用していて感じるのがauLTEの神っぷり。あまりスピードテストなどやらないので実測どれくらい出ているか知らないが、とりあえず電子書籍を購入したときなど重たいダウンロードでもざくっと終わる勢い。ネットも非常に快適で、体感では自宅でWifi接続して使っているときと大差ない。しかもどこでも繋がる。東京メトロの東西線を使用していた時は地下でも平気で繋がっていた。iPhoneのauLTEはソフトバンクより若干エリアが狭いとのことで苦労しているらしいが、生活圏内にも拠るだろうが、自分の環境ではAndroidを使う上でXiなど相手にならない勢い。ただし局所的に3Gに落ちるスポットにたまに出くわすと、その落差は厳しい。

 Xiも別に悪くはないのだが、ビルの奥深くや地下などではまだFOMAに落ちやすい。まぁFOMAで繋がるだけ幸運とも言える。auは3Gに落ちたらかなり厳しい。ソフトバンクなど地下ではAXGPは繋がらないと聞いている。iPhoneのLTEエリアはエリアマップを見る限りauもソフトバンクも五十歩百歩というか目くそ鼻くそなので、モバイルで高速回線を使いたいならauLTEをAndroidで使うかXiの二択という状況はしばらく続くのではなかろうか。ソフバンの高速回線とか先の予定がかなりお花畑だし。

 あと今後入手を考えているガジェットは10インチ級でXperiaTabletZかNexus10、あるいはSurfaceRT辺り。価格が下がったら考えよう。と言っている間に第二世代Nexus7とかSurfaceの話が聞こえてきているが。
 スマホでは6.44インチと言われているXperiaにちょっと期待。Xperiaだからというより6.4インチというサイズに期待している。かつて5.3インチのGalaxyNoteを入手したときは手持ちのガジェットをすべてまとめて葬り去るだけの利便性があった。この5~7インチのサイズには夢がいっぱい。

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。