ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年に購入したガジェット

 2011年ほどあれこれ買ってないだろうと思っていたが、むしろ意外と買っていた。怖いガジェット地獄怖い。自然に財布から金が逃げていく。

 
・ISW11F

 AUがスマートバリューを開始するにあたり、まんまと釣られてdocomoからMNP。当時全部入りのハイスペック機種はISW11Fくらいしかなかった。
 で、いろいろ世間で言われているような酷い不具合には遭遇しなかったので、いわゆる当たりの個体だったと思われる。単に購入後2時間で息絶えて基盤交換行きとなり、ワンセグはろくに受信せず、GPSの感度は酷く、バッテリの蒸発具合たるや惨憺たる有様だったというだけだ。
 画面は綺麗で動作は割と軽快。筐体は4.3インチHD解像度の割には小型で薄い。数回のアップデートでいろいろ改善され、バッテリもち以外はさほど気にならなくなった。ワンセグとGPSは諦めている。
 ただし4.0アップデートでその動作は地獄の緩慢さとなり、電話アプリなど数コール後にやっと立ち上がる有様。こいつはもうだめだ。
 通話用SIMが刺さっているし他にAU機種は持っていないので電話として常に持ち歩いているが、モバイルバッテリが欠かせないお荷物君である。
 もっとも、+WiMAXのテザリングは今でも十分に速度が出て快適なので、充電環境下にあればルータとして活躍できる。発熱して止まっちゃうこともあるが。また充電ホルダがあるため、普段はホルダに刺してTwitterのTLを延々と垂れ流す役目で活躍中。


・iPad3rd

 正式名称は新しいiPadだが、新しい新しいiPad(iPad4th) が出て旧い新しいiPadとなったため、面倒くさいので3rdと称する。
 並外れたオンリーワンの解像度を持つガジェットで大変期待していたが、デスクトップをリモート操作しようとすると色はボケるし解像度の高さが災いして動作は重いしでそういう作業的な使い方は一瞬であきらめた。
 また自宅サーバに置いてある各種のメディアファイルもエンコードの関係で再生できないとかそもそもサーバにファイルを気軽に見に行けないとか、とにかく何をするにもiOSの不便さが先に立ち、またそのグンバツの解像度を活かすコンテンツも結局のところ「Retina対応アプリ」 くらいしかなく、iOSでわざわざアプリを使って何かをする気にもなれなくなっていたので、3rdはただの板っきれに。その後子供のゲーム機として活躍中。
 いやーiOSって本当にアプリ紐づけがきつくて融通利かないわ。Windowsに慣れた身ではAndroidのユルさの方が向いてる。


・AQUOS Phone SH-09D

 省電力を謳い、ハイスペック全部入りでありながら動作も良く、バッテリも大型でAndroid4.0という新OSを積んで華々しく登場。で、CPUの供給不足から在庫が払底し、幻の名機に。その後生産はちょぼちょぼと続けられたが結局需要はGalaxyS3に奪われた。それはさておいて、ISW11Fを普段使いすることに限界を感じていたため、わざわざソフバンのプリモバイルを契約して速攻MNPして事前予約でゲット。
 ISW11Fとは天地の差で非常に快適に使って使って使い倒してみた結果、バッテリはISW11Fとは比べ物にならないほどもつのだが、やはり帰宅時にはスレスレになってしまうので職場では常に充電状態に置かれることになった。
 別にバッテリの消耗とか気にしてないのでこれでも構わないが。あと秋になってXi回線が混み合ってきたためか、速度が出ないどころかデータが流れない状況が頻発してきた。
 それとは別にIGZOディスプレイを搭載した冬モデルのSH-02Eの評判が非常に良いため、SH-09Dは多少フライングゲットな気がしなくもないが、SHARP機種はこの機種からのFEEL UXが売りの一つなので、そういう意味ではエポックメイキングな端末かもしれない。そうなるといいな。 
 現在もメイン端末として使っているが、後述のSHT21が頑張っているために使用頻度が下がり中。電話はISW11Fだしその他はSHT21なので、いっそWiFi使いにしてもいいのだが、やはり7インチはちょっとしたときに手軽に取れるサイズではないというか、仕事中の机の上に置いておくのは憚られるのでSH-09Dにはまだ頑張ってもらう。


・Nexus7

 アメリカで発売開始直後、わざわざ8Gをわざわざ転送サービスを使ってお高く購入し、日本で発売された頃にはもうストレージ埋まってた。
 やはり廉価でそこそこの性能というのは手を出しやすく、また7インチというサイズの取り回しやすさは初代ギャラタブで経験済み。
 Nexusシリーズは言うなれば素のAndroidで、キャリアに紐づくサービスが使えるわけでもなく、特殊な機能があるわけでもない、骸骨のような端末。もっともAndroidの基本機能だけで満足できるならこの機種で何ら困らない。そんなわけで使い倒した。
 で、Wifi機の限界というか、不便さというか、そういうものに突き当たった。ストレージの少なさはあまり気にしてない。それよりも、常にテザリング機のバッテリを気にし、通信状態がとっさに分からないというのは思ったよりもストレスフル。
 端末自体の性能には何ら不満を感じていないだけに、そういう部分でマイナスを感じてしまったのがもったいないが、もともとWifi機なのでそういうもんだろう。読書に使うだけなら自宅でストレージに書籍を放り込んでいけばいいので、そういう使い方には向いてる。画面もそこそこ大きいし。


・VAIO Duo 11

 パソコンを諸般の事情で新調した。Windows8の初物買いということで冒険ではあったが、考えてみれば7も初物買いしたのであった。
 タブレットからスライドしてノートになる特異なハードだが、ノパソとしての使い勝手は損なわれていないので外で使ってみたいのに未だに持ち出す機会には恵まれていない。
 ただ画面が11インチとパソコンとしては大きくない部類だが解像度はフルHDと高いため、表示が小さい。なので自宅では24インチモニタに繋ぎ、ついでにマウスとキーボードをそれぞれBlueToothで繋いで本体は隙間に押し込むという、なんだかもったいない使い方をしている。
 性能は十分で何も困っていない。ただ、初期不良で画面の一部がタッチを認識せず、修理に出したら液晶ユニット交換したよと言いつつ以前と上下反転した箇所に同じ事象が再発し、不良個所が分かんなくて上下入れ替えただけだろうこの野郎と図解入りでもう一度修理に送り付けたところ、今度こそ完璧に交換したけど念の為に新しい機体送るわと言われ、それが年末に届くことになっている。


・SHT21

 2012年のベストバイ。性能はSH-09Dと変わらないはずだが、動作はより軽快でタッチパネルの反応も早く、何よりアホみたいにバッテリがもち、auLTEの高速っぷりをこれでもかと体験できる。Nexus7と違い、Androidの素機能の他にもメーカ独自の作り込みが載っていて、静電容量式なのに細いペンスタイラスが使えたり手書き文字を検索できるメモアプリが使えたりワンセグ乗ってたり「IGZOパネルだったりと付加機能がついており、それがお値段に跳ね返っているのが歯がゆいが、この快適な通信と軽量で持ちやすい7インチデバイスが手に入るのなら惜しくはない。
 バッテリ容量的にルータとして使ってみても十分バッテリ持つだろうと思ってやってみたが、想像以上にもつ。二台のスマホをぶら下げて方や普段使い、方や一日中Twitterのタイムライン垂れ流しという荒業を敢行してみても帰宅してまだバッテリ半分あるとかザラ。IGZOパネル以外にも省電力のためのカスタマイズが施されている感がある。
 この高速回線と省電力機能とSDXC突っ込めば64Gに達する外部ストレージとAndroid特有の制限のユルさをどう活かすか。
 7インチの大きさは動画マシンとしては十分で、重量の軽さは書籍閲覧マシンとして有用。Androidなので自宅鯖のメディアも手軽に扱えるしauLTEなのでその全てを外出中に体験することすらも可能。
 とりあえず穴がないというか、感じないのはすごい。
 

 なんのかんのと2012年はこれだけ購入したわけだが、さて来年はどうなりますことか。
 とりあえず今のところSHT21が快適すぎるので特に購入予定はない。ないのだが。

スポンサーサイト

今年はちょっと懐かしいキーワードを入れつつうっかりもうふたつ続き

 毎年恒例のアレ。
 今回はちょい連載。対象者以外は見ることかなわぬゆえあしからず。見てもいいけどワケ分からないよ。

続きを読む »

Android機きたよ - AQUOS PAD その2 -

 どうしよう。不満がなさ過ぎて取り立てて書くことがない。

 ハードウェアのスペックとしては夏モデルのAQUOS Phoneと同等のSoCとRAMであり、同じOSバージョンのAndroid4.0.4を使っている。この夏モデルであるSH-09Dを持っているのだが、主観ではSHT21の方が動きが軽い。
 またタッチパネルに新開発した高感度タッチパネルを先行採用しているらしく、爪先どころか指先をわずかに浮かしていてもタッチ認識するほどで、慣れないとけっこうわけのわからない誤爆をする羽目になる。が、すぐに慣れる。こっちに慣れた後で他の端末を触ると鈍く感じるほど。
 せっかくだから手持ちの端末と比較してみたい。もっとも主観でしかないけど。

Screenshot_2012-12-16-20-40-36_R.jpg

○サイズ、重量
 Nexus7と比較すると一回り小さいため、持つのが楽だし持ち続けてた時の負担も全然違う。
 狭額縁設計のため、つまんで持つと画面に触れてしまうが、背面を片手でホールドするのが楽なので問題は感じない。
 iPad miniは持っていないが、店頭で持った感じでは横幅が広すぎて片手ホールドはかなりきつかった。ただしminiについてはディスプレイ面に支え手が触れていてももう片方の手での操作が可能なようになっているらしいので、miniはつまんで持てばいいと思う。


○バッテリ
 アホみたいに持つので安心していい。
 テストは3パターン行った。

・テザリングONにし、スマホをぶら下げて一日使ってみた
→帰宅時のバッテリ残量は70%。

・テザリングONにし、スマホを二台ぶら下げ。一台は帰宅するまでTwitterのTLをストリーミングで流し続け、一台は日常使いする。
→11時間ほどストリームでTLを流し続け、帰宅時のバッテリ残量は49%

・スマホを封印し、SHT21を日常使いする。意識的に重めのゲームなどもやってみる。
→同期全てON、GPSもBluetoothもONで帰宅時のバッテリ残量は58%

 通勤は地下鉄を使うし、LTEエリアも出たり入ったりするため、LTE機にとってあまりいい環境ではない。
 が、それでもこれだけもつ。結論。バッテリは心配するレベルではない。
 帰宅したらクレードルに置いておけば充電されるし。


○ディスプレイ
 省電力で明るいIGZOディスプレイが売りだが、発色はデフォルトだとダイナミックに設定されており、これが有機ELかと思うような派手な発色で正直微妙。標準かナチュラルに設定するといわゆる普通の液晶に見える。
 視野角は微妙。ただ手に持って使うモバイルデバイスなので視野角を意識するようなことはあまりない。あまり角度を付けて見ると色が飛びやすいので、駆動方式は少なくともIPSではなさそう。この辺、やたら斜めからディスプレイを覗き込むような使い方をする人にとってはマイナス点。視野角ではNexus7やiPadの方が勝る。


○動作
 iPadと比べてどちらが動作が軽いかという比較になると、動きの軽さ自体はさすがにiPad、速度はSHT21。Nexus7と比較するなら大して変りなし。OSのバージョンが上がっている分Nexus7の方が滑らかに動くかもしれないが、それでもSHT21の動作に違和感を覚えたりするようなことはない。


○機能
 ワンセグは7インチ画面で見ると粗いが、ある程度補正してくれるので受信状況がよいならそれなりに楽しめる。
 惜しむらくはイヤホンジャックがなく、USB変換ケーブルがついてくることだが、クレードルに置いて充電することを考えるとこれでも全然困らないし、そもそも7インチタブレット持って外出してるときにタブレットで音楽聴かないだろっていう。
 Felicaと赤外線ポートは対応していないが、別にこれはなくてもいい気はする。NFCはAndroidビームで遊べるけど他に使う機会はない。
 防水防塵は地味に便利っていうか気が付いたら雨中でいじっていたことや知らないうちに水をこぼしてぶっかけていたことがあるので、大変助かる。
 またLTEも800MHzと1.5GHzのデュアルバンド対応で800MHz帯は全て下り75M対応だし、まだユーザが少ないしで非常に快適。iPhone5で使っている2.1GHz帯のLTEと比較するとエリアでも速度でも上回っている。docomoのXiがユーザ数激増でかなり速度が落ちていることを考えると、この快適さは筆舌に尽くしがたい。3Gとの切り替えも早い。
 docomoは今後下り112Mに増速していくが、実際に使うことを考えると実測で下り10Mも出ていれば困らないので、112Mにどこまでアドバンテージがあるのかは疑問。

 あとはスタイラスとメモアプリだが、メモアプリは優秀。使ってみればわかるが応用範囲は広い。
 スタイラスの使い心地は、細すぎて微妙。GalaxyNoteのSペンの方が使いやすい。またあちらは電磁誘導式なので手をディスプレイについていてもペンで描ける。SHT21のペンは細いが独自高感度タッチパネルで細くても認識できるようにしただけの普通の静電容量式なので、ディスプレイに手をついているとスタイラスで… 実は描ける。そういう風に独自実装したっぽい。ただある程度スタイラスを画面から離すと手の方を認識する。


○UI
 操作系のUIが画面下部にまとめられているため、慣れると便利だけどAndroidでは通知系は上部から引き出すため、最初は違和感がある。
 ただしこの機種は機能設定も画面下部の通知から行えるため、なんかもうそういうもんだと思って便利だと思えば便利。


○他のタブレットと比べて
 やはり薄い軽いは正義だし、7インチというサイズ感はデカすぎる10インチタブレットにはない取り回しの良さがある。
 薄さ軽さならMEDIAS TAB ULの方が上回っているが、通信状況が天地の差だし防水防塵はULにはないしバッテリもちにも差があるしでULを敢えて選ぶ必要性はあまり感じられない。

投票日前日ですが


 いまさらこんなことを言うのも遅いというか、無駄な気はしてるけど我慢できなくなったので呟く。

 原発賛成反対とかTPP賛成反対とかは政策じゃねぇ → 候補者

 原発であれば、エネルギー政策がまずあって、それを実現する手段として原発をどうするかという問題があるはずなのだけど、「今東京電力では原発一基も動いてなくて、それでも電力不足になってないから原発いらないんだぷー」 とかアホか。
 今後のエネルギー政策を考えたうえで原発はやはり不要であるから徐々に廃炉にして自然エネルギーに傾注し、需要を賄いつつこれこれこういう方向で行きたいと思います、とかならまだしも、手段を目的化して語るなボケ。あとこないだ(11/26) 東京電力の管区内で電力供給が逼迫して電力融通受けてたけど、それでも電力不足は無いと言い張るのは脳がマヌケなのか意図的に嘘ついてんのか、それともその程度のことも知らないアホなのかのどれだ。どれであってもそいつに投票する気にはならんけど。

 TPPに至っては外交と経済政策の一手段なのに、TPPの賛成反対から入ってどうする。外交と経済を語れ。それが政治家の仕事だろう。

 というわけで政治家未満の人たちが大量に立候補しているようなので、投票に行かれる方は気を付けられたし。

 ただ、誰に投票しても同じだから選挙なんて参加しないんだぷーとかいう人はその認識を頑張って変えていただきたい。
 誰に投票しても同じかどうかは民主政権をみりゃ分かる。普天間問題をひっくり返して白紙に戻し、子ども手当と称して財源なきばら撒きを中途半端に実施し、政治主導を謳って官僚をないがしろにしたらこうなった。民主に投票したらこうなったんであるからして、誰に投票しても同じってこたーない。
 そして白票を投じるとかも無駄であるからやめといた方がいい。白票は集計段階でポイされて終わり。有効票のみで集計し、当選者が決まる。つまり白票は手間暇かけて無駄を増やしただけになるのであしからず。


Android機きたよ - AQUOS PAD その1 -

 ジャンルスはマートフォンではなくタブレットだろうという気もするけど細かいことは気にしない。今さらだし。
 さて、auのこの冬注目の機種が発売されたということで、当初は評判を見定めるつもりだったが我慢できずに発売日に突撃した。
 もちろんHTC J ButterflyではなくAQUOS PAD SHT21である。

 さて有楽町ビックカメラに赴いたのだが、到着したのは仕事あがりで7時半ごろとなった。さっそく展示機を弄り倒し、本体の質感を確かめまくり、開けられるカバーはすべて開け、引き出せるモノはすべて引き出し、重量感を確かめるために振り回し、鷲掴み、様々な角度から液晶をねめつけ、再起動をかけてから動作感を確かめまくった。
 好感触。
 全体的にNexus7よりわずかに小さく、掴みやすい。そして軽く、薄さも適度。液晶はちょっと特徴的というか、クセがある。後述する。動作はなかなか良い。SH-09DやISW16SHと同等のハードスペックだが、現在メイン機として使用しているSH-09Dよりも動作が軽い。docomoとauの差もあるのかもしれないけど、このくらい動けば個人的には満足。
 が、今から契約するとお渡しは9時過ぎますとか軽やかに言われたので引き上げ。翌日午前中からビッカメに襲来して購入。余談だが店員のお姉さんは美人で気風が良く評価高い。

 注意すべき点としては、SHT21の契約に際してMNPは使えない。音声回線を持たないためだという。だが電話番号は個別に付与されるしCメールも使える。釈然としない。まぁ我が家はスマートバリューが使えるのでまだマシではあるのだが。

 とりあえず今回は外観を。
 まず箱。
DSC_0978_R.jpg

 中身は本体、説明書、USB-イヤホンジャック変換アダプタ、充電ホルダ。

 これが充電ホルダ。
DSC_0980_R.jpg

 イヤホンジャックねーのかよ! と思う向きもあるだろうが、このホルダに本体を置いて充電したままUSBポートに変換アダプタ挿せばいいので別に問題ない。持ち歩き中はどうすんだ、とは思うが、こんなタブレットのバッテリが音楽ごときでピンチになることはそうそうないし、最初からピンチになってるときは何を使ったって音楽なんて聴くまい。

 本体。
DSC_0979_R.jpg

 ちょっとこれだとサイズ感が分からないが、とりあえず前面にはauのロゴがないのがポイント高い。

 ホルダに挿した。
DSC_0981_R.jpg

 ワンセグも動画も見やすい。もちろんTwitterのタイムラインを流しておくにも便利。

 手に持った感はこんな感じ。
DSC_0982_R.jpg DSC_0985_R.jpg DSC_0984_R.jpg DSC_0983_R.jpg DSC_0986_R.jpg

 何がどこにあるかはだいたいわかるかと思う。ぱっと見でかいスマホであるが、手に持ってみてもそんな感じ。
 ただ注意点は以下。
DSC_0987_R.jpg

 右側面の中ほどに電源ボタンとボリュームボタンがある。これは左手で本体を鷲掴みにしたとき、人指し指や中指がベストマッチする位置。なぜここにしたし。

 とりあえず起動。AQUOSシリーズのいつもの起動画面。
DSC_0988_R.jpg

 Feel UXの玄関口たるウェルカムシート。なんだこの画像は。ちなみに用意されている5枚のウェルカムシート用の画像は、個人的にはどれもこれもしっくりこない。チョイスした奴に罰則を与えたい。昼飯抜きとかそんな感じのやつ。
 DSC_0989_R.jpg

 左上部にはオリジナルの静電容量式スタイラスが収納されている。ちなみに右上部にはワンセグアンテナが収納されている。7インチでワンセグってのはどうなんだと思ったが、補正処理が効いてそれなりに見られる。
DSC_0992_R.jpg

 では早速スタイラスを。画面下部に操作系アイコンが集まっているが、ペンのアイコンをタッチするとこの機種オリジナルであり、最大の売り機能でもあるメモ機能が立ち上がる。
 DSC_0993_R.jpg

 ペンの種類、太さを選択可能。
 DSC_0994_R.jpg

 色だって選べる。
DSC_0995_R.jpg


 心の赴くままに描く。ペンアイコンをタップした時点でその時の画面がなんであれ静止画として取り込んで描き込めるようになる。たぶんアイコンが表示されていればなんでもいける。はず。
 DSC_0996_R.jpg

 スタイラスで普通の操作だってできる。
 DSC_0997_R.jpg

 Nexus7と並べるとこんな感じ。左がNexus7。
DSC_0999_R.jpg

 ロック画面。SHT21の狭額縁設計が分かるかと思う。
DSC_1000_R.jpg

 表示領域はむしろSHT21の方が広い。
DSC_1001_R.jpg

 現在のところ3ラインホームでしか使っていないので、いわゆる普通のホームアプリでの使い勝手は分からないが、動作は軽快で本体も軽いため、使っていてストレスは無い。
 次回はもう一つの売りであるauLTEについて書いてみたい。

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。