ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

Microsoft、自社開発のWindowsタブレット端末「Surface」を発表


 したんでござぁますのよ奥さん。
 記事はこちら。

 正直、何がなんだか分からないが強烈な魅力を感じる。
 RT版は1280*800クラスの解像度なのが残念だが、バッテリがかなりもつという話だし、何より出先でWindowsが手軽に使えるというのはやはり大きい。Androidタブレットを持っていたのもWin機の延長で軽い作業をやるためだったし。iPadはその用途には全く不向きなので、需要が噛み合うことは無い。エンタメ目的で持つならエコシステムと統合されたiPadか、サーバと連携しやすいWinRTかという感じ。
 Win8pro版は一周遅れスペックのノートパソコンという感じだが、このスタイルは魅力的。タブレットとしては若干重く、パソコンとしてはスペックが中途半端で拡張性にも乏しいという欠点はあるが、今までにない製品であるという強烈なアピールをプンプン感じることはできる。このサイズ感で1920*1080のフルHD(207dpi) というのもタブレット端末としては上級クラス。新型iPadに及ばないだろうという声が聞こえるようだが、新型iPadの解像度を何に使うのかと聞かれた時点でユーザの8割が黙るだろうし、iPadでWin8Proのできることをやろうとすると発狂するだろうから比べるのはやめておいたほうがいい。同じような製品でもできることが全く違う。前後して発表されたWindowsPhone8と合わせてMicroSoftがついに本気を出してきたかという感じ。

 ただ、Surfaceは魅力的なのだがMicroSoftは今までパソコンハードを売っていない。マウスやらキーボードは出していたが、パソコン本体は他社OEMなのだ。どういう販路で売るつもりなのだろうか。それともあくまでリファレンスモデルで、あまり本気で売る気はないのだろうか。
 WP8の方は高解像度やマルチコア対応でやる気充分に見えるが、今さらVoIPをOSに統合とか言われてもアピールにはしにくい感じ。というかSkype(VoIPと言ってるだけなのでSkypeとは限らないが) とかTwitterのような特定のアプリやSNS機能をOSに統合すな。それが廃れた後はどうすんねん。聞いているのかiOS。話がそれた。
 WP8は機能的にはAndroidに勝るところは無いので、UIと動作感でどこまで先行OSの牙城を切り崩せるかが勝負になる。ただWin8との連携が強力だそうだし、DirectXなども使えるとのことなので、ゲームデバイスとしてはiOSを軽く超える可能性はある。やっぱりあとはどうやってシェアを広げるかだ。日本だと特に。

夏モデルはどれにしましょうか


 夏モデルは買わないと言ったな。あれはウソだ。

 いやまぁ買うと決まったわけではないのだけど。
 夏モデルを買うには幾つかのことを覚悟しておかないといけない。


・docomoとauで秋~冬に始まるカテゴリ4のマルチバンドLTEに対応していない
・SnapdragonS4のさらなる上位版が秋~冬に搭載されてくるのを指をくわえて見送る覚悟
・GalaxyNote2がたぶんdocomoから秋~冬機種で出る


 そんなことは分かってる。分かってるけど、この夏モデルは魅力的なんだ。
 何が魅力なのか。

・Android4.0でロースペックの機種でもヌルヌル動くよ。
・SnapDragonS4やTegra3を積んだ機種が出てきてサクサク動くよ。
・バッテリも多めに積んでいるよ。
・いい加減各メーカもこなれてきて、そうそうヘタな端末作らなくなってきてるよ。
・そもそもdocomoのマルチバンドって都市部で使えるようになるの2014年頃じゃないか。auは海のものとも山のものとも分からん。


 Android2.3と4.0ではマルチコアへの適応とGPUの使用などで、動きの滑らかさが一段違う。
 しかしながらRAMをバカスカ食って滑らかに動かしているため、RAMの容量が少ない機種は裏に回したアプリがほこほこ落ちて行き、マルチタスクの恩恵をあまり感じなくなるかもしれない。
 またけっこう重いOSなので、iPhoneのように「エフェクトでよく動いているかのようにごまかしているが動作が重い」 様子が見られる。ぶっちゃけ目に見える動作面に関してはiOSライクになったといえる。
 まぁ店頭で手に取ってみたときに滑らかに動いて見えるのは訴求力が高いので、売り物としては正しい方向なのかもしれない。

 またLTE通信チップを内蔵したSnapSragonS4機種は大容量バッテリも積んだことで、今までのLTE機にありがちなバッテリ爆死状態が緩和されていることが期待され(S4のリーク電流が多いのであんまりよくなってないという噂も)、またWiMAX端末は新型チップでより省電力となっていることが期待される。特に3G通信よりもバッテリがもつと言われているWiMAXには期待。

 そんなこんなで各キャリアからよさげな端末をピックアップ。要するに自分が買う候補。


○docomo
・AQUOS Phone SH-09D ZETA
 実は毎回SHARP機が気になってはいるのだが、毎回残念要素があったりしつつ、それでも毎回完成度を上げてきつつ、やっぱりチグハグ感があったりしつつと複雑な思いを抱いて見ていたAQUOS Phoneシリーズ。
 神機として名高いSH-12C、神機としてスタートし、熱問題からその地位を追われたSH-01D、NOTTVの悪評に苛まれつつ手堅い作りだったSH-06Dと来てエヴァスマホだのなんだのはとりあえず置いておくとして、今回のSH-09Dへの期待は大きい。
 とりあえず全部入りはともかくとして、大容量バッテリに置くだけ充電なのがとてもいい感じ。端末の動作もかなり機敏で、動作の軽快さには期待できる。狭額縁設計で端末のサイズもがんばって抑えている。
 不安というかマイナス要素は独自UIと発熱による機能制限。あとはストレージがアプリインストール領域とそれ以外に分けられていること。分けていればApp2SDが使えるとはいえ。


・MEDIAS X N-07D
 ベンチマークスコアも良ければ触った人の感想も良いMEDIASハイエンド。画面サイズは4.3インチと夏モデルでは小さめだが、ボタンがオンスクリーンではなく、下部のハードキーなので実際にディスプレイとして使える範囲は他機種と同等。
 ホームボタンのみハードキーで左右のボタンはセンサーキーだが、これはGalaxyシリーズと同じ形式。画面をオンするときに電源ボタンをまさぐらなくても良いので大変便利。ボタン配置はこの機種が理想的。
 また薄型が災いしてダイレクトに熱が感じられる分爆熱と言われているが、その状態でも機能制限などはなく、ガンガン動いていた。内部ストレージも下手な区分けなどせずそのままフルに使うタイプ。NEC端末はUIの動きが良いが、そこもそのまま継承されていて、非常に使いやすい端末だと思われる。
 マイナス要素はいつもの「薄いが広い」 筐体にNOTTV搭載。持ちづらいし、NOTTVに興味の無い人は無用のハードがついてくることになる。あとイヤホンジャックがUSBコネクタから変換ケーブル経由など、ハード的な面ではちょっと残念な箇所が多い。


・Xperia GX SO-04D
 都市部で暮らす上でオサイフケータイの利便性は筆舌に尽くしがたい。Xperiaにオサイフさえ付けば普段使いできるのに…!
 そう言い続けていたら付いた。もう買わない理由はないんじゃないか。
 動きのよさには定評のあるXperiaだし大画面だしアークラインだし、Xperiaファンは当然のように買うことだろう。
 欠点はバッテリ容量が夏機種の中では比較的小さいのと、SHARP機同様にストレージが区切られていること。あと防水がないのが気になる人はなるだろう。防水がないおかげで熱問題が無いという恩恵もあるのだが。


・Xperia SX SO-05D
 幾らなんでもGXはデカ過ぎる。というか最近のスマホはデカ過ぎる。小型ハイスペック機種でiPhoneと正面から勝負してみろコラ。
 と言っていたら本当に出た。
 小型ながら防水以外の全てが詰まった夢の片手サイズXperia。Xperia Rayに匹敵する小型ボディにすべてが詰まっているのだ。
 欠点はXi対応なだけに小型ボディに積めるバッテリでは限界があることと、防水が無いこと。そして内蔵ストレージの容量の小ささが上げられる(とは言っても8Gある)
 ワンセグ見るには外部アンテナつけないといけないとか、そういう面倒くささはあるが、ワンセグ見ないのでどうでもいい。


 他にも魅力的な機種はあるが、docomo端末だとこの辺が候補。Galaxyはいい端末なんだろうけど、手持ちの国際版GalaxyNoteが素晴らしすぎるので敢えてGalaxyS3で置き換える必要性は感じない。Note2が出たらやばい。


○au
・ISW13HT HTC J
 夏モデル第一号として全キャリアを通じて最初に出た端末だが、たぶん夏モデル全ての中でももっとも動きが爽快な端末のひとつ。HTCのブランド名は日本ではマニアしか評価していないが、一般層にもかなり売れており、評価も上々。
 一般層からするとレスポンスが超軽く、びゅんびゅん動くので快適。有機ELの画面も発色が派手で視認性が良く、ぱっと見の訴求力はかなり高い。マニア層からするといろいろと残念なところのある端末だが、まぁ普段使いには困らないし、残念な点もそれで何が困るんだと言われると別に困らない。スペック上最高でないというだけで、無駄に高いスペックを積んでも普段その力をまったく発揮する機会がないことを考えれば、コストパフォーマンスは高い。そんなことはマニア層だって分かっており、手にしたときの爽快感に唸っており、それでもスペックシートを見て悩んでしまうのがマニア。


・ISW16SH AQUOS Phone SERIE
 docomo、ソフバン両方に同じくAQUOS Phoneのハイスペック機があるが、三機種を並べてみるとバッテリ容量が最も少なく、液晶も他の二機種に比べるとランクが落ちると思われる。またauだけ差別された! ちくしょう! とはいえ、他の二機にはないNFCを積んでいてAndroidビームができたり、WiMAXを積んでいたりと独自の強みもある。docomoの爆裂プリインアプリ群やソフバンの残念電波を考えると、こいつが一番バランスいいのではないだろうか。置くだけ充電に対応していれば完璧だった。


○softbank
 特にない。LTE開始前だし、900MHz帯のエリアが充分な広さになるのはまだ先だろうし、現行のULTRA SPEEDはエリア内でも穴だらけだし、3Gは逼迫しているし、softbank4Gに至ってはエリア狭い上に通信費が高い。

○Emobile
 LTEルータがけっこうよさげ。ちょっと食指が動く。
 LTE対応スマホが出るらしいのでそちらも要注目だが、現状でEmobileを選ぶ利点は回線が空いていることくらい。エリア等を見つつ二年戦えるかどうかを慎重に判断したいところ。

○その他
 Nexus7と言われている7インチNexusタブレットはたぶん買うことになると思う。Wifi製品になるだろうから、メインに使うならルータは必須。スマホのテザリングで使うのかモバイルルータを使うのか。モバイルルータならEmobileが視野に入ってくる。

WWDC2012があったんじゃ


 すまん、寝てた。
 去年のWWDC2011が死ぬほどつまらなかったので今年には期待していたのだが、すっぱりわすれて寝てしまったのことよ。
 起きてから情報を拾い集めてみた。


・新MacBookProはRetinaディスプレイ搭載
 220dpi程度でRetinaを名乗るのかというツィートがTLを駆け巡っていたが、新型iPadの頃からAppleは「Retinaディスプレイってdpi300超ディスプレイのことじゃありませんよ? うちが開発した液晶の仕組みのことですよ?」 と言い出したので、まぁそういうことならdpi関係ないのだろう。
 解像度は2880×1800。1440×900と表示域同じだというウワサもあるが、ドットバイドットで表示できるようなので、高解像度にモノを言わせたコンテンツが楽しみ。無いけど。


・iOS6
 新たに200の機能を追加!
 これジョブズもバージョンアップのたびに言ってたな。毎回ウン百ずつ追加してるようだが、初代iOSっていったい何ができたんだろう。
 で、肝心要の内容だが、限りなくマイナーバージョンアップ臭い。パッと見で「これが売りだ!」 というのが見えてこない。秋リリースらしいので、それまでになんか分かりやすい売りが搭載されることを期待。どうせ今作ってんだろうし。


・FaceTime
 3Gに対応した。Skype使ってる人にはどうでもいい話。


・GoogleMapを排除してオリジナルマップアプリを搭載
 Googleと袂を分かつことにしたようで(GoogleがAPIを有料化したのが原因という話もある)、いろいろと見栄えのするスクリーンショットを紹介しつつ新たなマップアプリを紹介。
 えー、個人的にはこのアプリがiOS凋落の原因にならなきゃいいがと思っている。
 今のところまだベータ版なので「地図がスッカスカ過ぎて笑える」「Googleマップから超劣化」 というような点には目をつぶる。結論を出すには早かろう。
 しかしAppleはハード屋だ。まともなマップアプリ作れるんだろうか。
 GoogleMapがなぜ使いやすく、強力なキラーアプリなのか。それはGoogleの本業がそのまま強みになっているからだ。もちろん本業とは検索屋である。
 マップの使いやすさとはデータ量ももちろんだが、キーワードから目的地を素早く検索し、有効なルートを見つけ出せないと意味がない。この点、膨大なデータの中から求める地点やルートを見つけ出すのはGoogleの検索能力のお家芸といえる。よくGoogleMapの膨大なデータ量が話題にされるが、マップデータなど他社から買ってもいいのだ(日本だとゼンリンが提供している) 問題はそこから目的地を見つけ出す能力。これがAppleにあるのかどうか。
 実はけっこう不安視している。

イー・アクセス 2012夏モデル 新商品・新サービス発表会

 3大キャリアに伸長著しいUQ、復活の狼煙を上げた(というか上げ続けている) Willcomと厳しい状況だが、それでもニッチな需要を突く攻めの姿勢でいろいろと楽しませてくれるイーアクセス。
 新進気鋭のZTEやファーウェイといった中華メーカの端末を多く出してきたイーアクセスだが、今回密かに期待されていたのがファーウェイの新型ハイスペック端末であるAscend P1 Sだった。事前のリークでも来るだろうと言われていた。


・GS03
 だが来たのはAscend P1だった!
 いやこれはこれで悪くない薄型ハイスペック端末だが、事前のリークの期待が高すぎた。うーむ。
 気を取り直してGS03だが、OMAP4を搭載したデュアルコア端末でAndroid4.0を乗せている。スペックで見るならSHARPから出た104SHが近いが、GS03はずっと薄い(もっとも、防水性はない)
 104SHは今でも語り草になるほどの高速レスポンスだったので、同じようなスペックで余計な機能の入っていないGS03に対する期待は大きい。しかも104SHとは違ってテザリング可能である。この夏出てくる他社製ハイスペック端末と充分渡り合えるだろう。


・GT01
 もうひとつの目玉はこの10インチタブレット。WUXGAであり、自社製クアッドコアCPUを搭載しているのが売り。ついに出てきたかWUXGAタブレット。新型iPadに比べりゃ劣るという声が聞こえるようだが、新型iPadの解像度はオンリーワン過ぎてまだ周囲がついてきていない。WUXGAなら既存資産を充分活かせるし、解像度で困ることもそうそうない。これは魅力的。またwifi以外の通信機能は持たないが、これは回線契約増やすくらいならモバイルルータでも持って使ってくれよ、ということらしい。
 タブレットはコンテンツが重視される(コンテンツがなきゃスマホとそれほど用途に差が見出せない人が多い) だけに、Googleの動きに注目したい。ソニーなどは独自コンテンツを作っていてソニタブでいろいろ遊べるのだが、ファーウェイを始めとする中華企業にはまだその動きが薄い。


・GL04P
 そしてもちろんモバイルルータだって出す。一貫した戦略と言える。しかもカテゴリ4のLTEルータだ!
 現状でスペック上これより速度が出せるモバイルルータは存在しないばかりか、家庭用LANにも匹敵する速度だが、残念ながらイーアクセスのインフラがまだ追いついていないので当面は既存スペックで動作する。既存スペックとはいえモバイルでは当分困らないだけのスピードが出るし、使用者もまだ少ないので快適に使えるはず。
 また動作時間も長いので、モバイルルータ愛用者にはお勧めできる。

国際版GalaxyNoteにICSが来た


 我がNoteはUK版なのだが、4月から6月にかけてボチボチね~とサムソンが公表していたICSへのアップデートがやっと降ってきた。
 端末に通知が来て何気なく見ると「ファームウェアアップデートあるよ」 とのこと。
 OTAでアップデートしようとすると「大事なアップデートなのでここでは…(大意)」 と言われる。パソコンに繋いでKies経由でアップデートしようとすると、出るわ出るわで怒涛のKiesアップデート。4回くらいアップデート作業を繰り返してようやくNoteにアップデート開始。

 で、何事もなく終了し、Noteは再起動した。
 ユーザデータは保持されているが、ホームは工業出荷時のデフォルトに戻っていたりする。
 ICSにアップデートされ、動き自体は良くなった… 気がするが、元から良かったような気もするし、目に見えて変わったというのは… ホームボタン長押しでアプリ履歴が見られるが、そこがICS仕様になった。あと画面上部のステータス領域が細くなった。新たにプリインストールされたSノート楽しい。脅威の手書き数式認識率。これを他のエディタに共有できれば最高なんだけど、オブジェクト扱いになってしまうようだ。

 不具合はブラウザ。標準ブラウザが立ち上がらない。というか立ち上がっても動作しない。標準ブラウザのブックマークを見に行く拡張系ICSブラウザも全滅。OverSkreenはブックマークを見ると停止。また全体的にRAMの消費が増えているようで、Chromeを入れてガンガンWebブラウジングしていると途中で固まった。
 ブラウザはしょうがないので以前から使っていたDolphinを使い続けている。Chromeもハードな使い方をしなければいけるはずではある。
 このブラウザの不具合は先にICSが来たドイツ版や香港版でも言われているので、共通の不具合ぽい。修正されるのを待つか、カスタムROMに行くか、2.3にダウングレードするのかは悩むところだが、今のところNoteはサブ機なのでこのままでも困らないといえば困らない。
 まぁとりあえずはこのまま使ってみることとする。

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: