ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

プリンタ購入 うちはEPSONよりもCANON派

 ずっと使っていたCanonのPIXUS 9900iが「黒が出ない」 という致命的な状態に陥ったため、重くて重くて仕方がない腰を持ち上げてヤマダ電気へ。いやぁ新しいメカを見繕うなんて、メンドウでメンドウで思い立ったら即実行してしまうぜ。なんでもニューマシンというのは心ウキウキするなぁ。

 売り場に着いて早速見繕う。9900iも悪いメカではなかったが、家の中がネットワーク化されてくると、特定の端末からしか印刷できないという状況、または有線でHUBに刺さっていて動かせない、という状況はいささか取り回しが悪い。というか、もっと正確に言うなら、家にある如何なる端末が如何なる場所にあっても印刷できるようにしたい。つまり無線通信機能搭載のプリンタを狙う。

 でまぁ、速攻で売り場にあったCanonのPIXUS MP640に吸い寄せられた。価格が2万割れてる。
 その場で即座に価格ドットコムの最安値をチェックし、店員を召還。

「これください」

 ニューマシン選びはあっちゅー間に終わった。
 しかし最近のプリンタは進化しとるな。MP640は無線LAN機だが(有線でもいけるが)、設定は簡単で、家にある3台のマシンからさくっと設定完了。メモリカードからも印刷できるときた上に複合機だからスキャナもついててコピーもできると。これが2万しないのか。世界の進歩に着いていくのが大変だ。
 さらにCanonのAndroid対応アプリで、XPERIAやLYNXからも印刷が可能であった。Android機からPCに画像データ送って印刷しなくとも良いのだなぁと感慨にふけったが、そもそもAndroid機に刺さっているSDカードをプリンタにブッ挿せばそれでいいという件。

 なんにしろ、最新機ではなく、ちょっと型落ちでも我慢できるなら、それなりのレベルのプリンタ複合機はえらい安く手に入る模様。

IS01再起動病はショップに持ち込んだ方が早い|SPモード開始についてのスマホ事情雑感

 相方のIS01が再起動病に罹り、auショップへ持ち込んだものの、結局原因不明ということで端末お取替えとなった模様。
 IS01が入院中に代替機として貸し出されていたbiblioがまったく見向きもされていないのが哀愁を誘う。つうかいくらキーボード付きだからってbiblioとIS01じゃ動作が違いすぎるし、そもそもbiblioのキーボードはよく責められるポイントになっていたが、IS01のキーボードは最大のウェポンである。代替にするならも少し選択を… ってauのラインナップじゃしょうがないか。
 auはわりとかっちりと、ユーザが受け入れやすい端末を出してきた。この辺は変態機も名機も玉石混淆のドコモとは違うところで、売れ筋デザインの流行を捉えるソフトバンクのような垢抜け具合もない。が、親しみやすさや受け入れ安さでは抜群じゃないだろうか。エリアも広いし(ここ大事)
 その代わりに変態機のラインナップは少なく、よりにもよってスマートフォンの一発目がIS01、02と来た日には、そりゃ代替にするスマホはないわな。ドコモならXPERIAの修理期間中はHT03A貸し出しとかでいけるんだろうけど。

 で、biblioを横目に見つつ、キーボード端末なのでちょっと触らせてもらった。
 いわゆるケータイメニューを見た瞬間に脳が全力で拒否反応。
 だめだ。もうだめだ。あのケータイ文字が無味乾燥に並んだメニューに耐えられない。
 いつの間にここまでスマホ脳になってしまったのか。

 別にbiblioが悪いわけではなく(良い悪いを判断するほど触ってない)、すでにガラケというものに近寄れない体になっていたようだ。
 日本はまだまだガラケ隆盛なのだけれども、スマホのアーリーアダプタであることを後悔はしていないぜ。


 そんなスマホ使いの自分にとって、大したニュースでもないのがドコモのSPモード。要するにdocomoメアドをスマホで使えるようにしましょうというアレだ。
 残念ながらPHSからスマホに移行した身なので、キャリアメールというものに縁が無い。iモードもezwebもyahooケータイもまったく触ったことがないのだ。なので、XPERIA(正確にはHT03A) を入手したときに店員に何度も「iモードには繋げません」 と念押しされても、なんでそんなこと言うの知ってるよ当たり前じゃん的な反応しか示せず、店員の顔にはありありと「本当にワカってんのかなこいつ」 という感情が浮かんでいたが、世の中にはこういう人間だっているんだぜ。ネット常時接続のandroidがG-Mailで使えるんだから最強だぜウホーッって喜んでる人間がさ。
 まぁSPモードに合わせてUK版XPERIAなどではすでに配布されているファームウェアアップデートが来るようで、それは素直にありがたい。10月にはドコモからOSのアップデートが告知されているし、ソニエリ的には12月にもなんかマイナーアップデート予定があるようだ。
 ドコモ的には9月のSPモードで「iモードのメール見られないのはなぁ…」 などと言って迷っていた層を一気に取り込み、10月にはGyalaxy Sを投入しつつ40万弱のXPERIAユーザにはOSアップデートを提供。投入時点でハードもソフトもほぼ最強スペックのGyalaxy Sはともかくドコモスマホのメイン層であるXPERIAは12月のアップデートで維持し続けるというシナリオを描いているんではあるまいか。
 個人的にはLYNXもアップデートしてほしいんだけどな! HT03Aより売れるのかどうかすら不安だが… これは触って買った人がほぼ残らず満足するという稀有な端末なんだがなぁ(IS01も)

 スマホも2年以内にはLTE通信が主流になってきそうで、そうなると自宅に高速回線を引いている意味がほとんどなくなる。モバイル端末に対してデスクトップなどの据え置き端末は高速回線を引いて使えるという強みがあったのだが、モバイル端末が高速回線を使えるようになれば据え置き端末は大きなアドバンテージを失う。
 もとより据え置き端末の性能はすでに一般人の要求レベルを大きく越えてしまっており、そこまでの性能は要らんという需要の頭打ち状態にある。ここにどんどん進化するモバイル端末がシェアを上げてくると、2年から3年後は果たしてどういうコンピュータ事情になっているだろう。過渡期である現在が、そういうワクワク感あふれる時代であることは確かだ。
 とりあえず直近で楽しみなのはシャープの3D表示スマホ。

あれこれごった煮で

 目に付いたニュースを適当に拾った。


 「はやぶさ」分析作業3か月遅れ、12月以降に

 砂漠で砂金を拾うような作業… 違うな。
 東京ドームに数粒の海の砂をバラ撒いて、そのうちのどれかが砂金かもね? というような作業… かな。
 で、その砂金が無い可能性もある。というか個人的には無いだろうと思っている。
 いつの間にか報道がどんどん「はやぶさはイトカワの欠片から太陽系の成り立ちを探る重大なミッションだった!」 という扱いになってきているが、はやぶさは「探査機はやぶさ」 ではなく「工学実証とついでに小惑星探査機はやぶさ」 である。
 というか川口教授や的川教授がTVに出てサンプルの話になるたびに「サンプルが入っている可能性はあるが、ミッション目的は工学実証である」「イオンエンジンで小惑星まで往復できることを確かめるのが目的である」 と繰り返し繰り返し言っているのだが、世間の目はサンプルの方に向いてしまうのだなぁ。
 まぁ確かに分かりやすい成果ではあるし、500点のMAX点に設定されているミッションではあるのだけれども。すでに100点満点中400点取ってるって言ってもダメなもんかなぁ。今までに達成された事柄だけですでに宇宙工学史に名が残るようなスゲェことやってるんだども。これだけ最初から「できるわけがない」 って言われまくったミッションもそうそう無いぞ。地球引力圏離脱からして「固体ロケットでそれは無理」 って言われまくったもんな。



 ホメオパシー認められぬ、学術会議が会長談話

 時代を越え、今再び我らの前に立ちはだかるのかホメオパシー!
 学会が正面きって何かを批判するのは珍しいとあるが、それも道理で、ホメオパシーにはまったく何の根拠も無い。つか成分の分子がひとつも残らないほど希釈した薬(レメディ) を飲ませて効果があるとか、医学以前に物理的におかしいというか、まぁよく言って無駄であり、悪く言えば詐欺。
 プラシーボ効果で容態が改善する人もいるし、ホメオパシーで処方されるレメディ自体は何の害も無い(希釈しまくって成分が何も無いただの溶媒になってるから) ので、利益を受ける人しか出ない夢の代替医療! と言い張る奴もいるが、金さえ取らなきゃその理屈でもいいよ。でも、ホメオパシーに通った分の時間と金が通常の医療を受ける分から削れているわけだから、やっぱり有害なんじゃねぇか。通常の医療を受けることで健康になれる機会を損失してるわけだから。
 しかも助産士がホメオパスだったせいで生まれてきた新生児が通常医療を受けられずに亡くなった事件とかもうね。自分がその親だったらその助産士を殺した後に自分の無知を呪ってビルの屋上から身を投げかねない。
 つか、今さらホメオパシーが話題になるってのもどうよ。詐欺チックな代替医療の筆頭じゃんか。ホメオパシージャパンのサイトとか、ちょっと見て回ったらたちまち頭痛に襲われるレベル。

「ホメオパシーとは?」
「私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、体の芯から健康を取り戻す自然療法、それがホメオパシーです」

 これ見てホメオパシーやってみようって奴がいるのが信じられん。周囲にホメオパシーにハマってる人がいたら、やめとけの一言くらいはかけてあげてもバチは当たらないと思う。「まず医者に行き、症状が改善した後に、時間と金が余って余ってしょうがなかったらやってみてもいいんじゃないか」 くらいのアドバイスを。



 F2戦闘機、走行中に脚収納/松島基地

 アブねぇ、これ着陸寸前のときに起きたら死んでるぞ。
 幸い速度10km/h程度のときに起きたようで、怪我人はなし。機体も目立った損害はなし。着陸してからの事故なので燃料もさほど残ってないだろうし、機体も軽くなってたんだろう。
 同様の事象がほかにも起きているということで、F2の飛行訓練はしばらく見合わせとかぎゃー
 こういうときに機数が少ないと、飛べる機体の稼働率が高まってまた別の事故が起きやすくなったりエアカバーが粗くなったりするんだ。F4退役分は純減ね、なんてことだけは避けないと。
 そのためにはF-X導入までの繋ぎをどうするかを早急に決めないといけないんだが、F2再生産が有力なんだっけ。もし今回と同じ事象が続いたらF2増やしても飛行訓練できんな… 三種類の戦闘機そろえているのにはいろいろな意味があるもんだ。

グラードクイズ -2010- 回答

 回答編。
 けっこう分かる気はしてますけど満点は難しいんじゃないでしょうかね。

続きを読む »

グラードクイズ -2010-

 いつもたくさん絵をいただいていたり遊んでいただいたりいじめたりとお世話になっている方々に感謝を込めて、久々にグラードPCクイズですよ。
 すっかり最近メカ系のエントリばかりだけど、うちは本来TRPG系なんだぜ(ですらなく、単に自分の書きたいことを書き散らしてるだけかも)

 なお、クイズ作りやすそうなPCをチョイスしただけなので、「俺のPCが入ってない… 白銀! お前は俺の…!」 などとニュータイプ化するのは無しでお願いします。

続きを読む »

また頭痛休み

 頭痛を発して有休消化。
 大抵休むときは頭痛が原因なのでいつものことなのだが、頭痛の何がイヤって目から入る全ての刺激が鈍痛へと変化し、脳髄をじくじくじくじくじくじくじくじく抉ること。
 従って目を閉じ(眼球を動かすのもしんどい) 、横になっているのが一番なのだが、仕事中だとそうも言ってられず、かつディスプレイを前にする仕事なので仕事中に頭痛がおっきすると、もはや全スペックがカタログ上だけのものと化し、まさしく不良品よろしく机の前で地蔵となる以外に道は無い。
 などと言っていても社会人、そうそう早退が許されるわけもなく、仕方なく定時まで騙し騙しパンクした自転車を乗り継ぐような状態で乗り切って速攻で帰宅することになる。
 よく充分なぱほーまんすが発揮できないなら休んだほうがいいとかいう都市伝説があるが、あんなん嘘だ。充分なぱほーまんすが発揮できないなら乾いた雑巾を千切れるまで絞って一人日(一人×一日の業務時間) 分のぱほーまんすを発揮するのが社畜としての正解。帰宅してから頭痛薬が効果を発揮したため、夜は多少まともにすごせていたが、とはいえ、そんな状態で帰宅した翌日にまともに出社できるとは恐らく本人以上に周囲が信じていなかったようで、朝上司に電話したところ、こっちが何か言う前に速攻で「休みか。ゆっくり休め」 あ、はい。じゃあそういうことで。

 そんなわけでゆるゆると寝ていた金曜日。金曜日を休んだため、土日と合わせて三連休などという神の所業にも等しい暴挙を行ってしまった。月曜日出勤して机がなかったらどうしよう。

Android機きたよ - ドコモの白い奴 大地に立つ - LYNXその3

 LYNXを入手して数日が経過し、通勤の行きはXPERIA、帰りはSIMを差し替えてLYNX、家では主にPCだが、IRCなどの一部をLYNXに切り出して行うという生活を送るという状態で、とりあえず使いまくり状態。
 とても冷静なレビューができるとは思えないが、やるだけやってみるの心持。

続きを読む »

F-2再生産かも、といううわさ

 次期F-Xについて、つい先ごろ、F-2戦闘機の再生産という話題が出てきた。
 退役するF-4の代わりにF-2再生産というのは、まぁ順当路線というか、他に選択肢がないというか。
 他にF-Xの候補とされていた機種には以下のような問題があった。

・F-22ラプター
 生産中止。禁輸措置。これじゃ手も足も出ない。日本が欲しくて欲しくてたまらなかったラプターは何がどう引っ繰り返っても手の届かない機種となった。たまに嘉手納に飛んでくるから見られる人はラッキー。

・ユーロファイター
 一部ファンや評論家が騒いでいただけで、欧州機の導入はハナっから無い。欧州機のメンテのノウハウとか何も無いし。

・F-35
 いつ手に入るのかさっぱり分からない。むしろまともに開発終わるのかすら。

・サイレントイーグル
 こっちも初飛行が終わったばかりで、いつ手に入るやら。単なるアテ馬じゃなかろうか。

・スーパーホーネット
 艦上機であるという以上に、高速域への到達の遅さ、つまり加速の鈍さが問題視されている? まぁ艦上機どうのこうので言ったらF-4もE-2Cもそうなので、絶対的な理由にはなり得ないが、F-4に比較すると鈍足で高空より低空の方が得意という性能を持ち、だったら同じく低空が得意でより俊敏なF-2の方がいいんじゃないかとか、いろいろと突っ込みどころのある機種。
 個人的には如何にも戦闘機ってシルエットが好きなんだが。


 というわけでF-2再生産が有力視されている(まだ決定じゃない) わけだが、F-2にはF-2の特殊な事情がある。

・すでに生産終了が決定されている
 まぁ、だから「再生産」 なんだけど。閉じる予定だったラインをまた稼動させるためにお金がいっぱい要る。

・日本単独で作ってる機種じゃない
 実は左右の翼でメーカーが違う(片方日本で片方アメリカ) とか、複雑な経緯を持つ機体なので、ラインの整備も日本の一存では決められないとか面倒くさい。

・単発の軽量機である
 空飛ぶダンプカーとまで言われたF-4の穴埋めがF-2というのは、重量級が抜けた穴を小兵で埋めるということ。しかも50機退役するF-4を20機のF-2で埋めるなどと。もちろん世代の新しいF-2の方がいろいろと性能のいいメカは積んでいるのだが、小兵であるという物理的な制約はどうしようもない。
 日本は防衛する範囲が広いため、どうしても防衛用の航空機には航続距離が求められる。そのため、燃料がたくさん積める大型機が良いとされてきたし、エンジンが双発のF-4は最高速度で勝り、片方のエンジンが死んでもなんとか飛んでいられるが、F-2は単発なのでエンジンが死んだら終わり(もっとも、任務中にエンジンが停止して落ちたF-2はまだいない… たぶん)


 まぁ、代替ってのは多かれ少なかれ問題は出るわな。
 単に好き嫌いで言えばF-2は大好きなんだが、F-4の穴埋めにF-2と言われると首をかしげる。かといって最初に列挙したように、候補となる他機種も出てこないんだが。

Android機きたよ - ドコモの白い奴 大地に立つ - LYNXその2

 結局ありがちなIS01とLYNXを並べる画像を乱れ貼りする比較に終始。
 まぁ定番ということで(逃)

 白LYNXということもあるが、ぱっと見ではIS01よりもLYNXの方が若干大きいような印象を受ける。
 機体のデザインにしても平面とカットした面を組み合わせ、赤外線ポート部に凹部を設けたIS01に比べ、全体がなだらかなカーブと平面で構成されているLYNXの方がのっぺりと広い印象。

続きを読む »

Android機きたよ - ドコモの白い奴 大地に立つ - LYNXその1

 相方が割と安めにゲットしたIS01を毎日ヨダレを垂れ流さんばかりに眺めていた自分としては、LYNXが発売されるや否や店頭での価格をチェックするのは自然な流れ。
 そしてその値段にぶっ飛ぶのも自然きわまりない流れ。

 かくして、新規だの機種変更(増設) だのでLYNXを入手するのは早々に諦め(IS01が値下げキャンペ張ったりしたら確実にグラついた)、白ロム狙いの鬼と化した。
 XPERIAからヤフオクだの楽天オクだのをチェックしまくり、どうせ売れない機種だろうから大した値が付かないと思いきや、値段が思ったよりも下がらないので、打鍵しやすそうなキーボードの誘惑に負けて落札ラインを引き上げる。
 で、結果としては新規で買うよりは安く落札できてばんざーいってところ。LYNXはイヤホンが付属してるんだねぇ。だから高いのかなぁ。要らんから値段下げれ。イヤホンほど人に押し付けられて困るものも少ない。

 まぁそれはさておいて、今回はLYNX大地に立つ編を。
 なお、撮影機材はいつものようにXPERIA。

続きを読む »

Top|Next »

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文: