ダイスの言うとおり

ダイスにはロマンがあるよな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新居へお引越し

 やった。
 やっちまった。
 ついにこれで完全に首に縄が付いた。

 新居は新戸建の分譲物件。
 引っ越すと決めてから見た二つ目の物件で、即日気に入って即決。
 高い買い物なので死ぬほどあれこれ見てから決めたほうがいいとは思うのだが、思い返せば私は何事も、だいたい最初の方で見たものをチョイスしてきた気がする。
 今まで住んでいた賃貸も初日に見た物件だし、結婚式場も最初に見たレストランだし(レストランでの人前式でした)、娘の名前も初期にピックアップした中にあった。
 それで後悔してこなかったのだから、今回もこれでいいのだ。きっと。たぶん。

 で、35年ローンとか。
 最初はたまげたけど、何度も何度も不動産屋とか銀行屋が口にするたびに慣れてきた。けれども改めてこうして書くとやっぱりたまげるな! 35年!

 ちなみにこの新居、私と相方の実家から極めて近い。二人とも親元を巣立ってU市で暮らしていたのに、結局また親元の近くへ戻ってきたわけだ。何やってんだ。
 いきおい、毎日どちらかの親が遊びに来るという事態に。
 いや、いいんだけどさ。
 子供の面倒見ててくれるし。
 これも親孝行の一環だと思うし。
 元より出不精な我ら夫婦は、自分たちからお互いの実家に遊びに行くとか、あんまりしないしな。
 親子仲が悪いよりはずっといいよな。
 うむ。
 うむ…… 早く慣れろ、私。

 さて、新居は今まで住んでいたU市よりも会社から遠く、通勤時間は実に1.5倍。通勤の列車がU市を通過するという微妙な経路に。
 まぁ実家から通勤していたときの経路に戻っただけなんだけれども。
 閑静な住宅街なのでとても静かなのはいいが、今まで住んでいたU市が便利すぎて、ことごとく利便性は失われた気がする。
 駅から家までは徒歩8分ほどなのだが、今まで住んでいた賃貸が駅から3分だったし、買い物スポットは駅から逆方向になってしまい、市役所もえらい遠さに。
 まぁネット生活をしている我が家なので、ちょっとした運動と思えばかえっていいくらいではあるのだけれども。
 静かで交通量が少ないので、子供にはとてもよい環境だと思える。将来通う小学校も家から見える近さだし。でも保育園はない。どうなってんだ。
 福祉・教育という点では完全に今まで住んでいたU市の方が良かった。やはり金がある街は違う。F市も財政は悪くないはずなんだけれどもなぁ。

 新居は賃貸の2Kからずどーんと4LDKへビルドアップ。
 マジか。マジですか。会社員やってて良かったと初めて思えた。
 赤を放つと、直線でぺたしぺたしとどこまでも這っていく。良かったなぁ、今まですぐに行き止まりだったものなぁ。
 呼ぶと振り返ってぺたしぺたしと這ってくるが、足元に来るまでの待ち時間が心地よい。
 広いリビングを見渡すとまだ荷物が片付いていないが、じきにこれが収まるべきところに収まるのだろう。そうすればここで広々とオフセッションが可能。
 あくまでもオフセッションができる環境を念頭に置く我らが夫婦。こういう夫婦がいたっていい。日本は平和だ。
 未だに梱包剤に包まれているTVとは裏腹に、異様な充実感を見せるモデムとルータ周りを見ると、いささか考えるべきことがあるような気がしてくるけれども。

 そういえばこの新居、いまどき電話回線が二階に通せない造りだった。ひとしきり建築会社を電話で罵倒してから顔を見合わせた我ら夫婦。

「PC部屋は二階」
「回線は一階」
「無線LAN導入」
「御意。予算無制限」
「了解。引越し当日の業者待ちだけど、これから機器を購入しに行くべし」
「了解」

 ローン35年で返せるんだろうな!
スポンサーサイト

リビング卿 その2

 リビングを稼動させるにあたって、どうしようもない障害と思われた件がひとつ。 筋肉魔術師というキャラはステレオタイプのひとつであり、キャラは立つものの(他メディアも併せての) 既存キャラとの区別が難しいという難点があった。


ウーさんに描いていただきました




 引越しの為に配線を外す直前更新。

 註:例によってチョッピリ長いでしゅ。

続きを読む »

いろいろ理想とはかけ離れる

 親馬鹿シリーズ。

 赤さんも生後9ヶ月ともなると、かなり動物っぽい反応を見せるようになってきた(今までは丸太)。
 具体的には、今まで反射的に見せていた(であろう)笑顔に感情が宿った。
 それに伴い、笑い声というものも発するようになった。

 のであるが。

続きを読む »

リビング卿 その1

 8thPCのリビング卿。
 男性キャラはだらだら使うという私の遊び方が災いしてか、Aランク入りまでにほぼ一年をかけた(2005年7月20日初稼動。Aランク入りは2006年7月11日)。

ほにへ~さんに描いていただきました


 だらだらとはいえ、男性PCの中では長期間エースクラスに使われていたキャラである(アーセントとブラスタがほぼ停止していたため)。
 そして白銀PCの中では極めて特異なキャラでもあった。

 註:長いぞ長いぞ。

続きを読む »

実際は画面に見える十倍

 雑談やメッセで語り合うことがあるのだけれども、とかくチャットというのは相手との距離感が難しい。
 レスの際の言葉遣いは当然として、微妙なスペースや全角半角の切り替え、語尾の変化によって相手に与える印象が全く変わってしまうという文章の特性と、レスをするまでのタイムレスポンスという会話の特性を併せ持つからだ。
 このため、変換ミスの修正などでうっかりレスが遅れると、それだけで相手に与える印象が変わってしまう。急な用件でレスをせずに席を離れたときなどはなおさらだ。

 そして相手の言葉が嬉しかったり我が意を得た場合に、こちらの感謝の意を示そうとすると充分に伝わらなかったりするし、曖昧な言葉を使ってしまって誤解を招くこともある。ここは文章的な弊害がなのだけれども、もともと文字媒体のツールなのでこの辺りはどうしようもないことだろう。

 結局は好意的に解釈することを前提に行うのが円滑なチャットというものなのだろうけれども、なかなかこれが難しい。
 きちんと相手に伝わっていることを祈るばかり。

 と、ここ数日で何回かやらかしてしまったかもしれなくて、ビクついている私ですよ。


 明日の友情を確保すると思えばチキンなフォローにも力が入る。

一山超えた

 依頼板で応募したセッションを二つも残業で逃すという有り得ない、いや有り得てはならない事態を引き起こした仕事のデスマーチ状態がようやく収束。

 社畜 は (社畜)レベル が 上がった!

 社畜 は 残業代 を 得た!
 社畜 は 定時帰り を 得た!
 社畜 は 健康 を 少し 失った!
 社畜 は 赤 に 少し 忘れられた!

 赤 は 母親 に より懐いている!



 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「抱き上げた赤が泣いたと思ったら、妻がやってきたら笑った」

 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
 おれも何が起きているのかわからなかった…
 頭がどうにかなりそうだった…

 赤の機嫌が悪かったとか 妻がオモロイ顔で赤を笑わそうとしていたとか
 そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ

 もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…



 バーロー舐めんな責任取れ会社
 家庭崩壊が増えているだとおぉぉぉぉ
 そのほとんどはお前らの責任じゃあねーかッ

 いやもうほんと、勘弁してください。
 技術革新とかで情報の伝達量が増えればそれだけ生活が楽になるとか、もう嘘八百。
 実際は伝達量に合わせた納期が設定されるだけで、何も変わらねェーッ


「赤の笑顔は残業代より強し」

 ンッン~ 名言だな、これは
 
 家に帰らしてくらさい orz

Top

HOME

白銀

Author:白銀
TRPGと付き合ってはや十数年。
まさか結婚相手までTRPG者とは、TRPGで遊び始めた頃の白銀少年は知る由も無かった。

ルールブックの範疇で好き勝手に遊ぶので、ご一緒の際はよろしくどうぞ。

名前:


本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。